無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

家に帰ろう!
きき
きき
そういえばあなた何て言うの?
かか
かか
俺様も気になった!この俺様に歯向かうやつなんて珍しいからな!
とと
とと
ととって言います。家出してきました。
ととはこれまでのことをすべて話した。なぜか一言一言話していると涙がポロポロ落ちてくる。
とと
とと
それで、ここに来ました。
きき
きき
そっか、大変だったね
とと
とと
家に帰りたい。どうすればいいんだろう…
かか
かか
家の特徴とか家から見えるものとか分からないのかよ
とと
とと
家の壁は茶色で屋根は赤色。
きき
きき
うんうん
とと
とと
近くに黄色の光る建物があって、庭には自転車があった
かか
かか
それってミニ○○ッ○の近くじゃね?
きき
きき
確かに!近くに似たような家があったよ!
とと
とと
ホント!行こう!
ととたちはそこに向かって走り出した。































~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
作者 🐾
作者 🐾
次回はなんと最終回!
勇気くん
勇気くん
あの…
作者 🐾
作者 🐾
ん?どうしたの?
勇気くん
勇気くん
番外編で出来なかった僕の名前の由来ってどうするの?
作者 🐾
作者 🐾
それはちゃんと考えてるから安心して!
作者 🐾
作者 🐾
せっかくだから勇気くん!次回予告お願いします!
勇気くん
勇気くん
次回、最終回!ききたちが見たお家とはととの家だろうか!次回、
みんな
みんな
お楽しみ~