無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

みみお母さんなんて嫌いだ!
とと
とと
なんでみみお母さんは分かってくれないの!
みみお母さん
みみお母さん
まってとと!
とと
とと
待つもんか!こんなとこ、出てってやる💢
みみお母さん
みみお母さん
とと!
冬の寒い風にみみお母さんの声はかきけされた。
とと
とと
なんでみみお母さんは分かってくれないんだ。外はこんなに楽しそうなのに。1度も家から出させてくれないんだもん。家に帰るもんか!ひとりでも大丈夫だもん!
         ドンッ
とと
とと
わぁ!あぁぁぁー

















~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
作者 🐾
作者 🐾
はじめまして!作者の🐾です!
初めて物語を投稿しました。少し間違えてるかもしれません。教えていただけると嬉しいです!これからよろしくお願いします!