無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
544
2018/11/25

第1話

挨拶♪
おそ松
おそ松
やっほー!おそ松でーす!ねね、君さぁ俺と付き合ってよ〜。君可愛いねー。だからさーお願い〜
             バシッ
おそ松
おそ松
ブホーーーーーー。
えっ!?ええーー。ちょちょちょっと、なんで叩いたのー!?
チョロ松
チョロ松
失せろこのクソ長男が!
おそ松
おそ松
えっえっえーー
チョロ松
チョロ松
黙ってろ
おそ松
おそ松
あ、はい
チョロ松
チョロ松
やぁ、こんにちは。さっきはおそ松兄さんがごめんねー。さっきのことは忘れてー。
僕はチョロ松だよ!よろしくね。
一松
一松
俺は一松。人と話すのは恥ずかしい。
十四松
十四松
マッスルマッスルー。ハッスルハッスル。
ん?僕!?僕は十四松だよー!
野球大好きー
トド松
トド松
うふふ。僕はトド松だよ!トッティーってよんでくれてもいいよ!
おそ松
おそ松
これくらいかなー。じゃあ、次行こうか。
カラ松
カラ松
えっ?あの、俺は…
チョロ松
チョロ松
うん、そうだね!次行こうか〜
カラ松
カラ松
いや、だから俺は…
一松
一松
皆挨拶したしな。
カラ松
カラ松
いや、俺はしてないんだけど
トド松
トド松
よーし、次行くぞー!
カラ松
カラ松
えーー、いやちょっとまってーーー!なんで無視するんだ?ブラザー!?ん?ブラザー!?
             ・・・
おそ松
おそ松
あーぁ、ついにやっちゃったよ〜。カラ松〜。
チョロ松
チョロ松
この空気どうしてくれんのー!?
十四松
十四松
空気読もうよー。カラ松兄さーん
一松
一松
ほんっと、クズだよな〜
トド松
トド松
最悪〜
カラ松
カラ松
いやいや、なんで俺だけせめられてんのーー!?
ふっ、まぁいい!俺が誰か知りたいだろーブラザー
カラ松
カラ松
俺の名はカラ松だー。よろしくなブラザー
おそ松
おそ松
はいはーい、これで全員しゅうりょーう!
次回からは俺達の毎日の様子が読めるよー!
期待しててねー!んじゃまたねー