無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

40
103
2022/06/11 10:19
次の日
めいside

いつも通りの朝

ちょっと違うのは理鶯さんの

野営地だってこと

そんな事を思いながら目を開けようとする
山田夢唯
山田夢唯
…あれ、
毒島メイソン理鶯
毒島メイソン理鶯
起きたのか
…ん?

今かすかに理鶯さんの声が聞こえたような…
毒島メイソン理鶯
毒島メイソン理鶯
あぁすまない
毒島メイソン理鶯
毒島メイソン理鶯
聞こえないんだったな
山田夢唯
山田夢唯
理鶯さん大丈夫
毒島メイソン理鶯
毒島メイソン理鶯
!?聞こえるのか?
山田夢唯
山田夢唯
少しだけ
山田夢唯
山田夢唯
けど、
毒島メイソン理鶯
毒島メイソン理鶯
どうした?
山田夢唯
山田夢唯
目が、完全じゃないけど見えない…
毒島メイソン理鶯
毒島メイソン理鶯
…どういうことだ?
山田夢唯
山田夢唯
薄らと見えるけどなんというか色が無くて
山田夢唯
山田夢唯
物凄い視力がないみたいな、
山田夢唯
山田夢唯
でもその代わり耳も完全に聞こえてるわけじゃないから
山田夢唯
山田夢唯
怖くない、かも
毒島メイソン理鶯
毒島メイソン理鶯
そうか、良くないことではあるが耳もあまり聞こえず目もみえなければ怖くないということか
山田夢唯
山田夢唯
うん
毒島メイソン理鶯
毒島メイソン理鶯
なら少し小官のチームメンバーの所に行ってみないか?
山田夢唯
山田夢唯
え、どうして、
毒島メイソン理鶯
毒島メイソン理鶯
少々会う約束をしててな
毒島メイソン理鶯
毒島メイソン理鶯
こんな状態のお前を置いていくことも出来ない
毒島メイソン理鶯
毒島メイソン理鶯
それに丁度銃兎からお前のことで聞きたいことがあるそうだ
山田夢唯
山田夢唯
な、なるほど…
毒島メイソン理鶯
毒島メイソン理鶯
怖ければ小官に隠れていてもいい
山田夢唯
山田夢唯
…わかった、行きます、