無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

208
2021/07/31

第24話

ONE DAY15
ふと思った事がある・・

ヌナは何フェチなんだろう・・

メンバーとの話題で出た事があって・・


もちろん僕は、ヌナフェチ。
特に、うちもものバラ。




『ヌナー?』

『なーに?』

『聞きたいことがあるんだけど・・』

ヌナは不思議そうな顔してる

『なーにー?ジミン、どした?』

『ヌナって、何フェチ?』
答えてくれるかな?




『くちびる』
まさかの即答・・‼︎
しかも、唇??

『ヌナくちびるフェチなの?』

『人と話す時、最初は目を見てるんだけど
気付けば唇見て話してるから、
そうなんだと思う』
とヌナは言う。

『無意識って事?』


ん?僕がヌナをエロいって思うのは
もしかして、目線が唇に下りるから?
無意識って恐ろしい・・・


『あーそっか、意識的にってなると
ジミンの脚の筋肉?』


『えっ?僕の筋肉?しかも脚?
僕のって言ってくれたのは
普通に嬉しいけど、何で脚?』

ヌナはソファに寝そべる
僕にまたがり

『ギャップ萌えとゆーやつかな?』

ヌナから意外な言葉がでてきた。

『・・ジミン、脱ぐと破壊力凄いから
上半身も素敵だけど・・私は脚が好き
あれ?フェチの主旨が変わってる?
これじゃ、ジミンフェチだね』



あははと笑うヌナを僕が押し倒した事は
言うまでもない・・・