無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

130
2021/11/24

第14話

警備の状況
ートイレ・シャワールームー
(なまえ)
あなた
…?
(なまえ)
あなた
(タケオさん…トイレにこもってる…)
(なまえ)
あなた
(ストレスでお腹を壊しやすいのかな…)
コンコン
小島タケオ
小島タケオ
だ、誰だ!?
(なまえ)
あなた
あの、タケオさん。
小島タケオ
小島タケオ
あなたか…今は後にしてくれ…
(なまえ)
あなた
(…今はタケオさんに、話は聞けないみたい。)
(なまえ)
あなた
(仕方ない、サトルさんを探そう。)





ープレイルームー
(なまえ)
あなた
(あ、サトルさん…)
(なまえ)
あなた
(お酒を飲んでるみたい…)
(なまえ)
あなた
(うっ…お酒臭いな…)
サッ




(なまえ)
あなた
サトルさん。
米森サトル
米森サトル
うわ…!?
米森サトル
米森サトル
な、なんだい!?
米森サトル
米森サトル
って…あれ?どうしてマスクなんてしてるんだい?
米森サトル
米森サトル
それになんだか顔つきが…
(なまえ)
あなた
話したいことがあるんですが…
(なまえ)
あなた
その前にお酒を飲むのやめていただけませんか?
(なまえ)
あなた
僕も、酔ってしまいそうなんで…
米森サトル
米森サトル
あ、すまないね。お酒臭くて…
米森サトル
米森サトル
そうか…あなたさんは未成年だったね…
(なまえ)
あなた
(ふぅ…一旦やめてくれたか…)
(なまえ)
あなた
あの、昨日の武器庫の警備の状況についてお聞きしたいんですけど…
(なまえ)
あなた
昨日、あなたはタケオさんと2人で警備していたんですよね?
米森サトル
米森サトル
あ、ああ…してたよ。それがどうしたんだ?
(なまえ)
あなた
見張りの間、片方が武器庫から離れたりしませんでしたか?
米森サトル
米森サトル
え…?
米森サトル
米森サトル
そういえば…タケオさんが体調が悪いって言って…
米森サトル
米森サトル
休憩するために…一度だけ武器庫を出ていったような…
(なまえ)
あなた
なるほど…
(なまえ)
あなた
じゃあ、タケオさんがいない間は、サトルさんが武器庫の警備をしていたんですね…
米森サトル
米森サトル
ま、まあ、そうだね…
米森サトル
米森サトル
と、というか、なんでそんなことを聞くんだ?
(なまえ)
あなた
事件の調査のために決まっているんでしょう。
米森サトル
米森サトル
!?キ、キミ…もしかして私の事を疑っているのか…?
米森サトル
米森サトル
私がタケオさんが居ない間に…マキさんを殺したって…
(なまえ)
あなた
落ち着いてください。そんなこと一言も言ってないです。
米森サトル
米森サトル
わ、私は…やってないぞ…
米森サトル
米森サトル
それに、アリバイもちゃんとある…
(なまえ)
あなた
アリバイ…ですか?
米森サトル
米森サトル
私が1人の時…メガネをかけた彼が武器庫に尋ねてきた。
米森サトル
米森サトル
彼に聞けば…私が1人の時もちゃんと警備してたということがわかるはずだ。
(なまえ)
あなた
(ふむ…サトルさんが1人で警備している人を現状で見たい人がいるのか…)
(なまえ)
あなた
(もし本当ならサトルさんは狼候補から外れるけど…)
(なまえ)
あなた
(一応、確認した方が良いか…)
UR
UR
短いけどここまで!
UR
UR
良い狼ライフを!