無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

158
2021/11/20

第13話

武器庫のサバイバルナイフ
ー武器庫ー
(なまえ)
あなた
(あ、サバイバルナイフだ…)
(なまえ)
あなた
(やっぱり犯人は、このナイフを使ってマキさんを殺害したのかな…)
海堂ミホ
海堂ミホ
あっ…あなたさん…
赤村ショウマ
赤村ショウマ
あなたちゃんじゃん♪
赤村ショウマ
赤村ショウマ
あなたちゃんもこのナイフを見に来たの?
(なまえ)
あなた
はい。犯人が使った刃物を探してて…
赤村ショウマ
赤村ショウマ
そういや刃物といえば…
赤村ショウマ
赤村ショウマ
キッチンの包丁を見てきたけど…
赤村ショウマ
赤村ショウマ
包丁はケースに入ってて…封も開けられなかったし…
赤村ショウマ
赤村ショウマ
使用された形跡はなかったな…
(なまえ)
あなた
ショウマさんも見てきたんですね。
赤村ショウマ
赤村ショウマ
その様子だと、あなたちゃんもみたいだね♪
海堂ミホ
海堂ミホ
じゃあ、このナイフが犯行に使われた可能性は高いわね…
海堂ミホ
海堂ミホ
でも昨日…ここはタケオさんとサトルさんが見張っていたわ。
海堂ミホ
海堂ミホ
もし、リツちゃんの言う通りコウくんが狼だったとして…
海堂ミホ
海堂ミホ
彼は人より頭がキレそうだけど…2人も見張りがいる武器庫からナイフを入手するなんて不可能よね…
赤村ショウマ
赤村ショウマ
うーん…確かにそうだな~
(なまえ)
あなた
(やはり、そう思うよな…)
(なまえ)
あなた
(それにあの血の濁り方…なんだか…)
赤村ショウマ
赤村ショウマ
あっ…!
(なまえ)
あなた
?何か気づいたことでも?
赤村ショウマ
赤村ショウマ
あぁ!
赤村ショウマ
赤村ショウマ
その見張ってた2人の内どちらかが狼だったらどうするよ?
赤村ショウマ
赤村ショウマ
やっぱ…コウくんの言ってた「彼自身も狼に襲われた」と言う供述は本当で…
赤村ショウマ
赤村ショウマ
タケオさんとサトルさんのどちらかが真犯人なんじゃねーの?
海堂ミホ
海堂ミホ
その可能性は低いんじゃないかしら?
赤村ショウマ
赤村ショウマ
えっ!?なんで!?めっちゃ名推理だと思ったのに!
海堂ミホ
海堂ミホ
答えは簡単よ。
海堂ミホ
海堂ミホ
2人いたんだから…片方が怪しい行動をとったらわかっちゃうでしょ?
赤村ショウマ
赤村ショウマ
なるほど…
赤村ショウマ
赤村ショウマ
じゃあ逆に言うと…2人とも怪しいということかな~?
海堂ミホ
海堂ミホ
そ、そう決め付けるのはまだ早いと思うけど…どちらかが怪しいの考えるのは自然よね…
赤村ショウマ
赤村ショウマ
さすがミホさん…美しいうえに、頭もいいなんて…♪
赤村ショウマ
赤村ショウマ
あなたのような完璧な女性に出会ったのは初めてです。
(なまえ)
あなた
(また口説いてる…)
赤村ショウマ
赤村ショウマ
もしここから出たら一度食事にでも行きませんか…
海堂ミホ
海堂ミホ
ありがとう…生きて出られたら考えるわね…
(なまえ)
あなた
(タケオさんとサトルさん…昨日は2人がここを警備していた。)
(なまえ)
あなた
(それなら、昨日の警備の様子を2人に聞いてみようかな…)
赤村ショウマ
赤村ショウマ
ま、あなたちゃんも無理しないでね♪
(なまえ)
あなた
へ?
海堂ミホ
海堂ミホ
そうね…たまに休憩もとっておいた方が良いと思うわ。
海堂ミホ
海堂ミホ
まだあなた、19歳なんだし…
(なまえ)
あなた
(なまえ)
あなた
そう、ですね。程々に調査してみます。
赤村ショウマ
赤村ショウマ
んじゃ、俺は別の部屋に行ってみようかな…
海堂ミホ
海堂ミホ
私も行ってみようかしら…
ガチャ
(なまえ)
あなた
(なまえ)
あなた
無理しないで…か。
(なまえ)
あなた
生憎と、そんな心配されるほど落ちこぼれではないので。
(なまえ)
あなた
僕は…もうあの頃みたいな弱い僕じゃない…
(なまえ)
あなた
僕は…あれ以来、変わったんだ。
(なまえ)
あなた
そう…あれ以来から…
(なまえ)
あなた
(なまえ)
あなた
とりあえず、武器庫の見張りをしていた2人に聞きに行こう…
UR
UR
あれ?あなたちゃんの様子が…
UR
UR
はい、今回はここまで!
UR
UR
良い狼ライフを!