無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

166
2021/11/13

第12話

凶器の探索
(なまえ)
あなた
(なまえ)
あなた
(今回の事件は、マキさんがバスタブで亡くなっている横に…)
(なまえ)
あなた
(コウさんも頭から血を流して倒れていた…)
(なまえ)
あなた
(…ま、あれは彼の血ではなかったみたいだけど…)
霜月ユキナリ
霜月ユキナリ
それにしても…この遺体…直視するのは結構辛いな…
(なまえ)
あなた
(ん?ユキナリさんも来てたんだ…)
篠崎アオリ
篠崎アオリ
ふむふむ…なるほどね…
霜月ユキナリ
霜月ユキナリ
アオリさん、あなたさん、よくそんなまじまじと死体を眺められますね…
瑠璃川ユウト
瑠璃川ユウト
本当だよ…僕、ゲームではよく死体とか見てきたけど…
瑠璃川ユウト
瑠璃川ユウト
やっぱり本物の死体は…ちょっと…抵抗あるな…
篠崎アオリ
篠崎アオリ
抵抗…?どうして…?
(なまえ)
あなた
抵抗なんて感じてるんですね…
霜月ユキナリ
霜月ユキナリ
え…だ、だって…殺人現場ですよ?
霜月ユキナリ
霜月ユキナリ
普通に怖いじゃないですか?
(なまえ)
あなた
怖い…か。
(なまえ)
あなた
あいにく、僕には感じませんけど。
瑠璃川ユウト
瑠璃川ユウト
は、はぁ…?
瑠璃川ユウト
瑠璃川ユウト
アンタ…大丈夫なの?
(なまえ)
あなた
?はい、僕は至って健康です。
瑠璃川ユウト
瑠璃川ユウト
そういう意味じゃないんだけど…
篠崎アオリ
篠崎アオリ
なるほど…こういう状況になると、人は「恐怖」を感じるのね…
篠崎アオリ
篠崎アオリ
実に興味深いわ…
霜月ユキナリ
霜月ユキナリ
アオリ…さん…?
篠崎アオリ
篠崎アオリ
あっ…ごめんなさい…気にしないで…
篠崎アオリ
篠崎アオリ
私、感覚が他人と少しズレてるって…よく言われてるの…
瑠璃川ユウト
瑠璃川ユウト
少しどころが、かなりズレてるでしょ…こいつもだけど…
瑠璃川ユウト
瑠璃川ユウト
ってか、こんな血生臭い現場で平常心でいれるとか…マジメンタルつえぇ…
(なまえ)
あなた
そうですかね…?
篠崎アオリ
篠崎アオリ
うーん…私、よくグロ画像とか検索して見てるからかしら…
(なまえ)
あなた
それで耐性がついたと…
篠崎アオリ
篠崎アオリ
恐らくだけどね…
霜月ユキナリ
霜月ユキナリ
グ、グロ画像!?
篠崎アオリ
篠崎アオリ
なに?何か問題ある?
霜月ユキナリ
霜月ユキナリ
い、いえ…な、なにも…
瑠璃川ユウト
瑠璃川ユウト
やっぱり、この人もやばい人だ…
篠崎アオリ
篠崎アオリ
それに私、カウンセラーやってるから…殺人犯のメンタルケアをするときとかもあって…
(なまえ)
あなた
殺人犯…
(なまえ)
あなた
(それだったらお母さん…とはもう呼びたくもない相手だけど…)
(なまえ)
あなた
(その人にもやってほしい…)
篠崎アオリ
篠崎アオリ
むしろ仕事の資料で、事件現場とかグロいのを見てるから…感覚が麻痺しちゃってるのかも…
霜月ユキナリ
霜月ユキナリ
そ、そうなんですね…
霜月ユキナリ
霜月ユキナリ
あ、あの…アオリさんやあなたさんは、今回の狼は…
霜月ユキナリ
霜月ユキナリ
やっぱりコウさんだと思いますか?
篠崎アオリ
篠崎アオリ
うーん…まぁ、彼は返り血を浴びて、現場にいたわけだし…
篠崎アオリ
篠崎アオリ
誰よりも怪しいのは、確かよね…
(なまえ)
あなた
まぁ、確かにその可能性もありますが…
(なまえ)
あなた
僕的には、コウさんは狼に濡れ衣を被せられてると思うんですよね…
霜月ユキナリ
霜月ユキナリ
濡れ衣…?
(なまえ)
あなた
狼があえてコウさんを殺さなかったのは2つ…
(なまえ)
あなた
自分が狼なのか、それとも濡れ衣を被されてるのか…
霜月ユキナリ
霜月ユキナリ
な、なるほど…
篠崎アオリ
篠崎アオリ
確かにあなたさんのことも一理あるわね…
篠崎アオリ
篠崎アオリ
まぁ…まだ確証がないから…
篠崎アオリ
篠崎アオリ
100%彼が狼とは言い切れないし…ちゃんと調べた方がいいと思うわ…
霜月ユキナリ
霜月ユキナリ
そ、そうですね…
霜月ユキナリ
霜月ユキナリ
俺も…コウさんが狼だとは決めつけずに、事件を調べてみようと思います。
瑠璃川ユウト
瑠璃川ユウト
随分、やる気だね~。僕の分まで頑張って…
霜月ユキナリ
霜月ユキナリ
キミも少しは協力してよ…
瑠璃川ユウト
瑠璃川ユウト
僕はめんどくさいのは嫌いなのー。ここは弱虫マリオに任せまーす。
(なまえ)
あなた
(ユウトくんは事件を調べようとはしないみたい…)
霜月ユキナリ
霜月ユキナリ
キ、キミね…!
篠崎アオリ
篠崎アオリ
弱虫マリオ…?
霜月ユキナリ
霜月ユキナリ
えっと、ユウトくんが僕につけたあだ名なんです…
(なまえ)
あなた
あだ名か…
(なまえ)
あなた
良かった…てっきり霜月ユキナリが仮名かと思っちゃいました…
霜月ユキナリ
霜月ユキナリ
酷くないですか!?
瑠璃川ユウト
瑠璃川ユウト
ふふっ…確かに本名の方がいいかもねー
霜月ユキナリ
霜月ユキナリ
2人してからかわないでよ…
(なまえ)
あなた
(僕は本気だったんだけどな…)
篠崎アオリ
篠崎アオリ
そういえばミホさんのことも「パーマおばさん」とか呼んでたわよね。
瑠璃川ユウト
瑠璃川ユウト
うーん…もう覚えてなーい…
篠崎アオリ
篠崎アオリ
私にも何かあだ名をつけてよ…ユウトくん…
瑠璃川ユウト
瑠璃川ユウト
・・・!
霜月ユキナリ
霜月ユキナリ
アオリさん…!?こ、こんなときにそんな話は…
(なまえ)
あなた
そうですよ…殺人がおきてるわけですし…
篠崎アオリ
篠崎アオリ
あら?別にいいでしょ?
篠崎アオリ
篠崎アオリ
それにこんな緊迫とした状態だからこそ…少しでも気が紛れていいじゃない?
霜月ユキナリ
霜月ユキナリ
そ、それは…そうですけど…
(なまえ)
あなた
(そうなのかな…?)
篠崎アオリ
篠崎アオリ
それじゃあ…ユウトくん…私のあだ名は何?
瑠璃川ユウト
瑠璃川ユウト
・・・
瑠璃川ユウト
瑠璃川ユウト
・・・
瑠璃川ユウト
瑠璃川ユウト
命令されたらつけたくない。
篠崎アオリ
篠崎アオリ
!!あら…天邪鬼ね…
篠崎アオリ
篠崎アオリ
また気が向いたら私のあだ名をつけてちょうだいね…
瑠璃川ユウト
瑠璃川ユウト
・・・気が向いたらね…
篠崎アオリ
篠崎アオリ
それじゃあ、事件の話に戻るけど…
篠崎アオリ
篠崎アオリ
うーん…お風呂の水がこんなに血で染まっているということは…
(なまえ)
あなた
(…水?)
篠崎アオリ
篠崎アオリ
おそらく彼女は…犯人に、刺殺されたと考えていいわよね…
霜月ユキナリ
霜月ユキナリ
そ、そうですね…
篠崎アオリ
篠崎アオリ
まずは凶器となった刃物が特定できればいいんだけど…
篠崎アオリ
篠崎アオリ
刃物ってどこにあったかしら?
(なまえ)
あなた
(刃物といえば…武器庫…かな?)
(なまえ)
あなた
(いや、でも他にも凶器があるかもしれないし…)
(なまえ)
あなた
(とりあえず、辺りを探索してみようかな…)
キッチン
(なまえ)
あなた
(キッチンといえば包丁だよね…)
(なまえ)
あなた
(使われた痕跡でもあったら良いんだけど…)
(なまえ)
あなた
(流石に狼もそこまでヘマはしないか…)
(なまえ)
あなた
…ん?
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
あ!あなたちゃん♪
(なまえ)
あなた
リンタロウくんにユウトくん…
瑠璃川ユウト
瑠璃川ユウト
あんた…さっきの…
瑠璃川ユウト
瑠璃川ユウト
また人が増えた…
(なまえ)
あなた
何してたんですか?
瑠璃川ユウト
瑠璃川ユウト
別に…ただ、ゲームしてるのにこいつが邪魔してくるから…
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
邪魔なんて…酷いな~♪
瑠璃川ユウト
瑠璃川ユウト
はぁ…あんたらと喋ってるせいで喉乾いたじゃん…
瑠璃川ユウト
瑠璃川ユウト
ジュースないかな…
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
ユウトくん、飲み物探してるの?ジュースなら冷蔵庫にいろいろ入ってたよ♪
瑠璃川ユウト
瑠璃川ユウト
・・・どうも…
『タッ…タッ…』
『ガチャ』
(なまえ)
あなた
(あ、何か冷蔵庫から取り出したみたい…)
(なまえ)
あなた
(あれは…エナジードリンク…?)
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
へぇ♪ユウトくんはエナジードリンクが好きなの?
瑠璃川ユウト
瑠璃川ユウト
別に…あんたには関係ないでしょ…
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
えぇ~、冷たいなぁ…せっかくコミュニケーション取ろうと思ったのに…
瑠璃川ユウト
瑠璃川ユウト
コミュニケーションとか…どうだっていい…僕のことは放っておいて…
(なまえ)
あなた
(…まぁ、探索もしようとしないし、彼のことは基本的に無視でいいか…)
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
ねぇねぇ、そのエナジードリンクって美味しいの?
(なまえ)
あなた
リンタロウくん、ユウトくんの話聞いてました…?
飯田リンタロウ
飯田リンタロウ
え…?
瑠璃川ユウト
瑠璃川ユウト
はぁ…空気読めないやつは…嫌い…
(なまえ)
あなた
ん?この箱は…
『パカッ』
(なまえ)
あなた
包丁…か。
(なまえ)
あなた
封も開けられてないみたい…
(なまえ)
あなた
てことは少なくとも、包丁は凶器から外れた…
(なまえ)
あなた
やっぱり武器庫かな…
UR
UR
ここまでだよー
UR
UR
てことで、良い狼ライフを!