無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

樹に相談
京本大我
京本大我
ねぇ、樹
田中樹
田中樹
ん?どうした?きょも
京本大我
京本大我
あのさ、ちょっと相談
田中樹
田中樹
分かった
京本大我
京本大我
あのさ、俺、あなたの事好きだわ
田中樹
田中樹
兄妹として?
京本大我
京本大我
ううん、1人の女の子として
田中樹
田中樹
そっか
京本大我
京本大我
うん
田中樹
田中樹
それで、きょもはどうしたいの?
京本大我
京本大我
1人の女の子として付き合って結婚したい
田中樹
田中樹
結婚ってお前ら家族なんだから無理だろ
京本大我
京本大我
いや、結婚となったら関ぬいてでも結婚する
京本大我
京本大我
でも、慎太郎もあなたの事好きっぽいんだよね
田中樹
田中樹
え?あの慎太郎が?
京本大我
京本大我
うん、この前あなたに俺の事どう思ってる?って聞いたら、それ昨日も慎太郎に聞かれたよって言ってた
田中樹
田中樹
てことは慎太郎ときょもは恋のライバル??
京本大我
京本大我
そう言うことになる
田中樹
田中樹
じゃあ、きょも、告白したらどう?
京本大我
京本大我
え、無理だよ。緊張しちゃうし
田中樹
田中樹
でも、告白しないと慎太郎に取られるよ?
京本大我
京本大我
そうなんだよなー
田中樹
田中樹
お前、自分の気持ちあなたに伝えなよ
京本大我
京本大我
う~ん
田中樹
田中樹
じゃあ俺がきょものいい所をアピールしてあげる!そしたらあなたもお兄ちゃんとしてじゃなくて、1人の男として気になるんじゃない?
京本大我
京本大我
そっか!樹頼む!
田中樹
田中樹
分かった