無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第65話

クリスマス🎅
あなた
お待たせー!
我妻善逸
我妻善逸
ほんとにおまたせされましたよ
あなた
ごめん、、、
我妻善逸
我妻善逸
行くよ。((スッ
善逸の真っ白な手を私に向けてきた
あなた
あ、うん///////((ギュ
我妻善逸
我妻善逸
手繋いだくらいで照れてんのかよ
あなた
え、だってさ
あなた
あ、そーだ!クリスマスプレゼント!
我妻善逸
我妻善逸
えっマジ、
あなた
マフラー!夏から編んでたんだ!
我妻善逸
我妻善逸
グルグル))暖かいな
あなた
良かった((ニコッ
我妻善逸
我妻善逸
俺のクリスマスプレゼントは…
あなた
え!ありがt…
チュッ
あなた
え"…!?
私のほっぺは冷たいはずなのに、赤くなった
我妻善逸
我妻善逸
来年な
あなた
…///////
我妻善逸
我妻善逸
(可愛い)
あなた
ツ、ツリー見に行こうよ!
我妻善逸
我妻善逸
あぁ、いいな、行くか
あなた
善逸の手って暖かいね!
我妻善逸
我妻善逸
まぁな俺心も暖かいから
あなた
そうだね!
我妻善逸
我妻善逸
ボッ))だ、だろ?
あなた
ツリー綺麗だねー
我妻善逸
我妻善逸
俺あの1番上の星が欲しいんだけどあなたサンタ、取ってきてくれない?
あなた
え、無理…
あなた
ってか、マフラーあげたでしよ!
我妻善逸
我妻善逸
えーマフラーだけ?
あなた
そりゃあね!
我妻善逸
我妻善逸
冬しか使えねーじゃん
あなた
まぁそうだけど…
我妻善逸
我妻善逸
だから、
善逸が、ケータイをいじった
あなた
ピロンっ))え、なになに善逸が送ったの?
我妻善逸
我妻善逸
まぁ見て見ろよ
あなた
ポチッ))えっ!?///////
善逸とのトークを開いたらそこにあったのは…
「キスしてよ」
あなた
なんでLINEで言うの!?
我妻善逸
我妻善逸
ここで言うのもやだし
我妻善逸
我妻善逸
まぁ頼むよ、あなたサンター
あなた
やだ!!
我妻善逸
我妻善逸
だっていつも俺からじゃん
あなた
我妻善逸
我妻善逸
言葉が出ない…と
我妻善逸
我妻善逸
言い返せないのかー
あなた
っ///////
チュッ
我妻善逸
我妻善逸
っ!?///////
あなた
これで十分でしょ
我妻善逸
我妻善逸
そうゆう時は、言ってからだろ
あなた
じゃあ!門限だから!じゃあね!
我妻善逸
我妻善逸
っお前今何時だと思ってんだよ
あなた
え?8時くらいじゃないの?
我妻善逸
我妻善逸
6時だ、ばーか
あなた
え、でもなんか体調悪いから!
我妻善逸
我妻善逸
嘘だろ恥ずかしいからだろ?
あなた
そ、そんなわけない!
我妻善逸
我妻善逸
あっそ、じゃあ俺も帰ろーっと
あなた
や、やったー!
本当はもっと一緒にいたかったんだけどな
あなた
素直になれたらいいのに、、、
我妻善逸
我妻善逸
嘘つくなっつってんじゃん
え、これってバックハグじゃん、どうしよ
あなた
な、何?
我妻善逸
我妻善逸
お前だってもっといたいって思ってんだろバレバレだわ
あなた
へ、へぇー人の心を読めるんですね💢
あなた
そうですよ、もう正直になったから、なにか文句あります??
我妻善逸
我妻善逸
いえ、なにも
あなた
笑、何この敬語
我妻善逸
我妻善逸
確かに笑
あなた
来年も再来年も一緒に居ようね!
我妻善逸
我妻善逸
考えとくー
あなた
え"