無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第85話

バレンタインデー(高校生)
これは、まだあなたちゃんが善逸のことを好きではなかったお話
あなた
カナヲと炭治郎と、あ!あと善逸の分も作ろーっと
明日は、バレンタインデーだった。
でもカレーしか作れない私には地獄だった
あなた
あ"また失敗した
お母さん
ちょっと、いつになったら終わるの?
あなた
まだ待ってて…!
夜の12時
あなた
出来た!
ーーーーーーーーーーーーー
あなた
Zzzzz…
我妻善逸
我妻善逸
なんでこいつ寝てんの?
カナヲ
カナヲ
分からない…
あなた
パチッ))あ!カナヲー!
カナヲ
カナヲ
ん?何?
あなた
チョコ!
カナヲ
カナヲ
あ!私も作ったよ!はい
あなた
はい!炭治郎
炭治郎
炭治郎
ありがとうな!
あなた
はい!善逸!
我妻善逸
我妻善逸
お、おうありがと
我妻善逸
我妻善逸
なにこれ、犬のう〇こ?
あなた
最低…笑
我妻善逸
我妻善逸
じゃあ俺はもう行くから
3人))あ、じゃねー!
in善逸














まじで心臓もたないわ…














あの笑顔で渡すのはずるすぎだろ…














幼なじみだからってな感じだったけど















幼なじみじゃ無理だわ
ーーーーーーーーーーーーー
現在
あなた
はい!善逸!バレンタインのチョコ!
我妻善逸
我妻善逸
あ、犬のう〇こ
あなた
もう!それ高校の時から!やめてよ〜!
我妻善逸
我妻善逸
笑ごめん…笑
高校の俺、大丈夫だ、ちゃんと結婚してる