無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

思い出
あなた
こ、こんにちは
冨岡先生
冨岡先生
あなたか、記憶喪失らしいが、ゆっくりと思い出せばいい
あなた
は、はい
あなた!?記憶喪失って聞いたけど?大丈夫?
あなた
?誰ですか?
あー、樹だよ!よろしく!君の彼氏だったんだけどなー
このことをきっかけにあなたを彼女にできるかも…
あなた
あ、そうだったんだんですか、すみません
いや、大丈夫だよ!ゆっくりと思い出せばいいと思うし!
あなた
はい、お気遣いありがとうございます
せっかくだし一緒にご飯食べない?
あなた
いいですよ
あなた
(・u ・)ŧ‹”ŧ‹”
あなた
あ、あの子知ってる
あー善逸?
我妻善逸
我妻善逸
2人で何してんの?
あなた
ご飯を食べてます
我妻善逸
我妻善逸
おい、樹お前、下心丸出しだぞ
はぁ?笑なにがだよ
我妻善逸
我妻善逸
記憶喪失をきっかけに自分の彼女に出来ると思ってんだろ
あなた
2人ともどうしたの?喧嘩はよくないし、樹くんは私の彼氏なんじゃないの?
我妻善逸
我妻善逸
ちげーよ何騙されてんだよ
違うよあなた、善逸は嘘をついてる
あなた
???
我妻善逸
我妻善逸
粘るなー
善逸こそー
我妻善逸
我妻善逸
は?じゃあ正直に言うな
善逸は私の手を引っ張り、片手で抱き寄せて来た
あなた
えっ
我妻善逸
我妻善逸
あなたは俺のって言ってんじゃん
それは、反則だよ善逸
と言って樹くんはいなくなってしまった
あなた
友達じゃないの?
我妻善逸
我妻善逸
ちげーよ
あなた
我妻善逸
我妻善逸
お前は俺の彼女だ
あなた
っ…
善逸との日々が鮮やかに蘇る
あなた
善…逸?
我妻善逸
我妻善逸
あなた…やっと思い出したか…
あなた
うん!(泣)
あなた
善逸良かった…生きてた
我妻善逸
我妻善逸
馬鹿っ!
あなた
ビクッ!
普段怒鳴らない善逸が、怒鳴った
我妻善逸
我妻善逸
なんで俺なんかを助けたんだ!
あなた
え、だって
我妻善逸
我妻善逸
言い訳すんじゃねぇ!あの時お前が俺を助けなかったら、記憶喪失なんてなってなかったじゃねぇかよ!
あなた
善逸には!
我妻善逸
我妻善逸
あなた
善逸には、生きてて欲しかったから
ギュッ
我妻善逸
我妻善逸
ごめんな、俺の不注意で
あなた
ポロポロ))ううん結局どっちも助かったから…
我妻善逸
我妻善逸
記憶喪失になっても、危機感は変わらないんだな
あなた
ご、ごめん
我妻善逸
我妻善逸
いや、俺いたし、
炭治郎
炭治郎
良かったなっ!
カナヲ
カナヲ
あなた?私のこと分かる?
あなた
うん!栗花落、カナヲ!
カナヲ
カナヲ
良かった(´TωT`)
3人))良かった!