無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

遊園地1
バス停
炭治郎
炭治郎
あっきたきた!
我妻善逸
我妻善逸
ごめん!遅くなって
カナヲ
カナヲ
あとあなただけ
あなた
ごっめーん遅くなって!
カナヲ
カナヲ
あ、お団子出来たんだ(髪型)
あなた
いいでしょー
我妻善逸
我妻善逸
いやいや俺たち全然羨ましくねーし
炭治郎
炭治郎
(塩対応すぎてあなたが可哀想)
カナヲ
カナヲ
あ、バスきた
あなた
いや日曜だからって休みの日に席に座れないってあるんだ
遊園地に着いた
カナヲ
カナヲ
さ、寒い
炭治郎
炭治郎
俺のマフラーかそっか?
カナヲ
カナヲ
暖かい
あなた
(もうキュンキュンだなー)
我妻善逸
我妻善逸
(すっご炭治郎)
カナヲ
カナヲ
メリーゴーランド乗りたい
我妻善逸
我妻善逸
カナヲちゃんは可愛いもんね!
あなた
可愛いとメリーゴーランド乗るんだ
我妻善逸
我妻善逸
そうでしょ
炭治郎
炭治郎
じゃあ乗るか、
カナヲ
カナヲ
楽しい
あなた
私も久方ぶりで楽しい
その後遊園地を楽しんで今の時間7時
あなた
人が多くてはぐれちゃった