無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

転けた
あなた
それでねー面白くってさー!
カナヲ
カナヲ
それは面白いね
あなた
そうなんだよーそれで((ずるっ
あなた
え"
ずってーん
カナヲ
カナヲ
あなた!?大丈夫??
我妻善逸
我妻善逸
お前あなた?
カナヲ
カナヲ
そ、そう階段から落ちちゃって
我妻善逸
我妻善逸
おい!それは大変だろ!高さは?
カナヲ
カナヲ
1番上から…
我妻善逸
我妻善逸
早く連れていかなきゃだろ
カナヲ
カナヲ
気絶してるから
我妻善逸
我妻善逸
ヒョイッ
カナヲ
カナヲ
あ、(お姫様抱っこなんだ)
女子))我妻くん!あなたさんとできてるの!?
我妻善逸
我妻善逸
んなわけねーだろ!怪我してんだよ!
女子))いつも女子ならデレデレしてるのに…
保健室
我妻善逸
我妻善逸
なんだよ珠世先生居ないのかよ一緒に居なきゃじゃん
あなた
スースー
我妻善逸
我妻善逸
目が覚めねーな
あなた
パチッ
我妻善逸
我妻善逸
あ、おきたんだじゃあ俺は行くなこんなやつに構ってる時間ないし
あなた
早く行った方がいいよ!授業始まってるし
我妻善逸
我妻善逸
お、おう(止めてくれないんだ)
あなた
(優しいな)
不器用だけど
あなた
(え、ちょっと待ってどうやってはごばれたんだろ、、、)
ちょっと照れるあなた
カナヲ
カナヲ
お姫様抱っこだよ
あなた
居たの!?
カナヲ
カナヲ
うん