無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第13話

記者会見⑵
今日廉くんが言ってた記者会見が始まった。



そこであたし達の交際がはっきりと公表された



あたしは、舞台裏でこっそりと見ていた



たくさんの、報道陣のなかに自分の知っている顔が見えた


とても近く、とても嫌な存在








会いたくなかった





記者会見からあたしは、すぐに廉くんに駆けつけた




顔さえ見たくなくて


逃げるように廉くんの元へ駆けつけた
👑廉
👑廉
どないしたん?
のん
のん
ん?

なんでもないょ。

ただ会いたくない人が来てて……
👑廉
👑廉
え、だれ??
心配してくれる横顔がとても美しかった


あたしは、前廉くんに言ったことがあるがまた説明をした



あたし達の交際については、解決したのに


今度はあたしが……
迷惑かけちゃってる
のん
のん
お父さんきてるんだよ……
👑廉
👑廉
え?のんのパパ?


確か……
のん
のん
うん……
👑廉
👑廉
挨拶行こうか?
のん
のん
大丈夫!


巻き込みたくないし
👑廉
👑廉
なにゆうてんねん!


のんのことやろ?

関わりたい(๑•﹏•๑)
その言葉ほど今のあたしにとったら嬉しいものは無い



だけど……


この記者会見のことだってそう

あたしが発端だ



今回も……


優しい言葉なのに、嬉しいのに何故かあたしは泣いていた
👑廉
👑廉
大丈夫??
そう言って抱きしめてくれた
その温もりは、とても暖かく優しかった
のん
のん
大丈夫だよ!
👑廉
👑廉
のんってさ、無理して笑ってる時笑顔なってないよな……笑
👑廉
👑廉
毎回引きずってるで?
👑廉
👑廉
ホラー漫画なみに!
のん
のん
そんなに?!


半分もってるんじゃ笑
👑廉
👑廉
ほんま!!!

なんなら検証してもええで?笑
やっぱ落ち着くな……♡



そしてどんな時でも、無邪気に笑えるこの空気とここにあなたがいること
それがあたしの幸せ



だけどここが無くなったらあたしどうなるんだろう



そんなことを思いながらも一日を過ごす
若奈
若奈
のんー!

久しぶりやんな♡
若奈
若奈
元気ー?
のん
のん
元気だよ!

とてもね笑
廉くんがあたしを見つめる

のん
のん
どーしたの???
👑廉
👑廉
うそ!!

のんのうそ!!

見破ったで?!
若奈
若奈
ん?
のん
のん
え、いゃ、なに?!
👑廉
👑廉
顔が笑ってない!


目の笑ってないうさぎの人形みたいなってるで?
のん
のん
どーゆこと?笑
👑廉
👑廉
え、うそやん

知らへんの?
👑廉
👑廉
めちゃくちゃ有名なのに?!
なんのことだろう……?
全く知らない
のん
のん
し、しらない
👑廉
👑廉
ホンマに疎いな……
👑廉
👑廉
自分あほなん?
のん
のん
え、なんか喧嘩売られてる?
👑廉
👑廉
う、うってへんよー?
👑廉
👑廉
ただ、指さして笑ってるだけやで?
若奈
若奈
うん、酷くね?
のん
のん
同感
👑廉
👑廉
てか、のんはお父さんに付けられてんの?
のん
のん
分からない


だって、切れた縁だと思ってたから
 

誰も想像しなかった


お母さんになんて言おう……



『お父さんが帰ってきたよ』


『逃げなきゃ!』


『警察行こう?』
どれがいいんだろう?


どんな言葉も、合わない


きっとあたしにあうことばなんて無いんだ


どんな言葉も当てはまらない


なんて言おう……


何も見つからない


どうすればいいの?


あたしの中の時計の針が止まってしまった瞬間だった