第15話

♛15_♡ 優しい人
137
2020/07/15 17:34





あたし達は、母に会うため街を歩いていた
👑廉
👑廉


のーーーーーんーーーー


👑廉
👑廉
のーーーーーーーーーーーんーーー
のん
のん
え、なになになになに?!
酔ってんの?!
👑廉
👑廉
んー?俺はいつまでも飲んによってるでー?

o(`・ω´・+o) ドヤァ…!
👑廉
👑廉
あははははっ
のん
のん
どうしたの?!
👑廉
👑廉
んー、、緊張で頭おかしなったわ
のん
のん
大丈夫?!それ
👑廉
👑廉
大丈夫!

あとな、ビックリマークつけすぎ注意せんなな
👑廉
👑廉
ビックリマーク目立ってます。♪


あと、のんのすっごく凶変した変顔までも目立ってます
のん
のん
おうおう、よー言うた!!
👑廉
👑廉
おおぉー!その意気や!

いつものおんや!

のん
のん
え?
👑廉
👑廉
いゃーどっからどーみえもノンノが緊張してるやん……?

俺より緊張するからー

俺に緊張させてぇやー(๑ ー̀εー́ ๑)
若奈
若奈
ワガママやなぁ

👑廉
👑廉
うっさいわ!



これが俺やねん。



その楽しい会話で、心が少し落ち着いた



本当にありがとう!


そう、話しながら歩いていると家にたどり着いた
のん
のん
あっ、ここだよ!
👑廉
👑廉
おー!ここか!
👑廉
👑廉
始めてくる……✨

どうしよう?!心臓止まってないよな?!

俺の心臓いきてる?!
のん
のん
生きてるよ笑



そうして、家のチャイムを鳴らす









\ピンポーン/
ガチャ
愛
どちら様ですか?
愛
あ、のんおかえりなさい
のん
のん
ただいまー
若奈
若奈
あ、こんばんわのんさんの学校の友達です!

いつも仲良くさせて貰ってます
愛
礼儀のいい子ねぇ♪
👑廉
👑廉
は、初めまして、のんの彼氏です


いつもお世話になってます!!
れ、廉くん……




あたしのお母さんはあなたを世話してないですよ……。
愛
……
さすがに、ははも黙ってしまった
のん
のん
あ、おかさん!この人はあたしの大切な人で


あたしを変えてくれたの!

今すごく緊張してちょっとおかしな事口走ってるけどすごく優しくていい人なんだよ!
👑廉
👑廉
え?!おれ、おかしなことゆった?!


まじで?!えぇーー!
若奈
若奈
落ち着け。笑
廉くんは、緊張のあまり頭がパニックだった。
愛
『優しい』?

あたしも、お父さんのことを始めは優しい人だと思っていたわ。

だから結婚までしたの。


だけど、のん。あなたならわかるでしょ?

『優しい』なんてないってことを



予想以上に母の言葉は、辛辣だった



こーなるとわかっていまが、いざとなるとやっぱり

現実逃避をしてしまいそうになる
のん
のん
わかってる。

わかってるあたしが選んだんだよ。


この人はね、ただ優しいだけじゃない
愛
それに、のん。

この人の事お母さんテレビで見たことあるわ

あなた芸能人と付き合うってわかってんの?
愛
さっき、記者会見開いてたけど相手の女ってあんただったの?




言われて当たり前のことだ









だけど……
のん
のん
わかってるよ。


緊張会見になってしまったのもあたしが原因だし


分からない方がおかしいぐらいに
のん
のん
今までだってすごく迷惑かけた


だけど、嫌がらずいつも迷わず寄り添ってくれた。
のん
のん
この人は、お父さんみたいにはならない!


そう思ったの。

そう感じることが出来たの!
愛
……





母は黙ってしまった。
のん
のん
それにね、今日はその事じゃなくて


今日記者会見でお父さんをみつけたの……。


だから言おうって思って……
のん
のん
もう、現実逃避はしたくなくて
愛
あなたに、彼氏がいるのはわかった。


それで幸せならあたしは何も言わない
愛
お父さん……。

見たのね……。



その口調は、知ってるような口調だった



だれもが知っている口ぶりに驚いている時


母は次の言葉を放った
愛



のん。


あなたには、幸せになってほしい。

だから今度は自分の大切な人との時間を気付きなさい
若奈
若奈
え?
👑廉
👑廉
え?
のん
のん
え??ならお母さんは?

どうするの?
愛
あたし達は離婚しているの。



あなたとここに引っ越してきた日、あたしは警察に相談したの
愛
だから、自由よ。


貴方も。

だからあなたの時間を過ごしなさい。

高校生がそんなこと考えながら生きていく必要なんてないわ



衝撃だった
のん
のん
いつ??


いつに?

なんで言ってくれなかったの?
👑廉
👑廉
……
愛
何も知らない方が楽な時もあるの
愛
だけど、そうね……。


いっておくべきだったわね
愛
今警察があの人の、足取りを掴んでるの

そしてあなたが見つけたとされる時刻

捕まったわ。




あぁ、そうか



ずっと独りで戦っていたのか。


あたしにも話さず独りで……
結果現実逃避を繰り返していたのはあたしだった


あたし一人の現実逃避劇場だった



母は、やっぱり強くたくましかった



*なにか守るためなら人は強くなる。

その言葉が1番にあう



もっと早く気づいていればよかったのかな?



そしたら……。


そう思ってる時呟いた
👑廉
👑廉
すみません、お母さん

こんな僕が横からはいることではないと思っているんだけれども、のんさんすごく悩んでましたよ。

苦しんでました。

初めてあって、初めて話した日からずっと。


その日は、軽くしか話してくれなかったけどでも
すごく、辛そうでした


今にも泣きそうな表情で必死に笑ってました。

その時間は、どうなるんですか?




廉くん……。




いつもあなたの言葉は優しくて暖かくて



あたしの心を溶かしてくれるすごい人。
愛
あなたに関係ないわ。

っていってあげたいけど、そうね……。

のんには申し訳ないと思ってる。

ごめんね……。

ありがとう
若奈
若奈
なら、もう大丈夫なんですか??
のん
のん
ほんとだよ。なんでもっと早く行ってくれなかったの?

愛
ごめんね……
のん
のん
でもよかった。


本当によかった……
若奈
若奈
これでもう、全て終わったんだね……
👑廉
👑廉
まぁー、俺らは始まったばっかやけどな!
👑廉
👑廉
なぁー?のんっ!
のん
のん
そ、そうだね!


出来れば親の前で言って欲しくなかったな……
👑廉
👑廉
あ、ごめんごめん!

のんが救われたこと俺も嬉しいねん!
のん
のん
ありがとう……♪



人を想い泣き、人を想い笑い、人を想い怒り叱ってくれる廉くんだからきっとあたしは好きになったんだ


いゃ、『きっと』ではなくて正真正銘だ





人の優しさに、信じることが出来なくて


上辺だけで誰かに合わせて笑って誤魔化して生きていたあたしを溶かしてくれる人



それが、本当の優しさでなければなんとゆうんだろうか?




あぁ、この人を好きになってよかった。



あなたと出会えてよかった。


あたしの大切な人は、とても優しい人






これから起きるあなたとの時間にワクワク胸を鳴らしている

プリ小説オーディオドラマ