無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

同じマンション
ここは、とある関西の有名な学校

だけどとても人気があるため各地域からもたくさんの方が駆けつける
ここの学校に入学するあたし

入学式まえにばったり出会したのは…



あたしは、幼い頃からよく親の都合で引越しを繰り返してきた
そうしてここは、親がここで最後にするから!
といって来た場所



関西地方 大阪
家賃が安いため、田んぼに恵まれた少し古いマンションに住んでいる


見慣れない景色…


ホントにやって行けるんだろうか?

そう思いながらあたしは、マンション付近を目的もなくフラフラ歩いていた

その時だった


ドンッ!!


誰かにぶつかってしまった…

宛もなくただ考え事ばかりしていたから…
のん
のん
ごめんなさい!!
のん
のん
大丈夫ですか?!?!
👑廉
👑廉
大丈夫やから気にせんでええよ?




そう言ってくれたのは、綺麗な顔立ちをした青年だった
👑廉
👑廉
新しく入ってきた人?
のん
のん
はい!よろしくお願いします
のん
のん
引越したばかりで何もわからないのですが…
👑廉
👑廉
ええよ!!

仲良くしような?
👑廉
👑廉
俺、永瀬廉!

人にはれんれん言われてるかられんれんって呼んでくれたら嬉しいなぁ
のん
のん
あ、分かりました!
👑廉
👑廉
君なんて言うの?
のん
のん
のんです!
👑廉
👑廉
のんちゃん?

ヨロシクな♪
👑廉
👑廉
俺もここのマンション住んでんねん
👑廉
👑廉
もしかしたら、隣さん?
のん
のん
え?
👑廉
👑廉
何号室??
のん
のん
えーとぉ、209です
👑廉
👑廉
お!やっぱ隣や!!
👑廉
👑廉
よろしく♪笑
のん
のん
よろしくお願いします!!


このイケメンさんは、隣の方だった

どういう偶然なんだろう…?