無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

8
朝☺
ゆんぎ
ゆんぎ
おはよ…
You
You
おはよー
You
You
(ゆんぎおっぱのせいで寝れなかったとか言えない//)
ゆんぎ
ゆんぎ
支度しないとね
You
You
そーだね
ゆんぎ
ゆんぎ
終わった?
You
You
終わった
ゆんぎ
ゆんぎ
じゃーみんなのとこ行こっか
You
You
うん
てて
てて
あ!あなたー!!
You
You
てておっぱおはよ
ぐく
ぐく
え、塩
ぐく
ぐく
昨日の砂糖はなんだったんですか、ひょん
ゆんぎ
ゆんぎ
なんで俺に聞くんだよ
ぐく
ぐく
あ、確かにそーですね笑
ぐく
ぐく
あなた、今からちょっと時間ある?
You
You
ある
ぐく
ぐく
お出かけしよ!!
You
You
いーよ
カフェ☺
You
You
で、用は?
ぐく
ぐく
なんで昨日ててに砂糖だったの?
You
You
あー、そんなこと
You
You
昨日は………………ってことが
ぐく
ぐく
あー、そーゆーこと!
ぐく
ぐく
(なんだ安心した)
You
You
なんでそんなことわざわざ?
ぐく
ぐく
えっ…
ぐく
ぐく
俺にも砂糖で接してほしいなって…///
You
You
(なに、ぐくおっぱ可愛い)
ぐく
ぐく
ダメだよn
You
You
いいよ
ぐく
ぐく
え!ほんと?!
You
You
うん、ぐくおっぱ可愛いから
ぐく
ぐく
(あ、そーゆーこと…)
You
You
今日だけね、砂糖疲れるから
ぐく
ぐく
うん!!
ぐく
ぐく
(俺ちゃんと男として見られてない…?)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー









なんだかんだ言って順調に進んでます😻








見てくれてるみなさん、ありがとうございます🌼