無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

31
あなた



国「サーブはあんまりなんだな、あなたさん」

金「国見!聞こえてるかもよ!」

国「あ、」

そんな会話が聞こえてくる。
はぁ〜もう!ハズイ!もう1年生から言われてどうすんだよ僕!
自分が嫌になってきた…

北「サーブができないのは事情があるんやろ?侑から聞いた。大丈夫や、がんばって練習すりゃぁええ」

 『!すみません、取り乱しました。』

北「分かっとるならええんや」

まだ僕も未熟者だな…よしがんばろ!サーブがダメなら外で挽回すればいいんだ!後衛出来るのはレシーブだな。よしやるぞ!

次は岩泉さんのサーブのようだ。

 『サッ来ーい』

ふぅー
岩泉さんは調べてきた情報ではジャンプフローターサーブなどが多いはず…
僕はしっかりと目を見張る。岩泉さんは後から少し助走をつけて、飛んだ。
待って、これフローターサーブじゃない!ジャンプサーブだ!
そう気づいたときにはボールが目の前に来ていた。サッと構える。多分僕を狙ったのだろう。コントロールを重視したせいか威力は及川さんよりもなかった。だから僕でも侑のほうにきっちりとレシーブすることができた。

よしっこれからもっと挽回するぞ!前衛になったらスパイクとブロックとがんばろ!

侑「張り切っとるなぁあなた」

北「そうやな、いい感じや。ところで侑、あんたさっき治のこと見とったやろ、今はこっちに集中せい」

侑「えっぁはい…」




そしてついに前衛の番が来た。
まずはブロックはどうしようかな…今は及川さんと岩泉さんのコンビが1番強い。
何より信頼関係があるんだよなぁ多分2人は幼なじみか。まぁ僕たちの方信頼があるけど!
とにかく!頑張ってブロックするか!

次は大耳さんがサーブだ。しかしリベロらしき人に拾われてしまった。そのボールはきれいに及川さんのところに行った。
おっとココは出番じゃないですか?及川さんの手元や相手側のコートの状況を見る。
するとトスは僕と反対側の岩泉さんの方へ飛んでいった。
と、遠い!仕方ないなぁもう!
僕は全力で走って、斜めに飛んだ。
        ーバシンッー
おぉ!止めれた!

侑「ウェーイ、ナイスブロック!きれいに止めたな」

侑とハイタッチした。ハイタッチの力さえ強い…

 『やっぱブロック気持ちええな!』

侑「あなたは何でも楽しそうやな」

 『ふふっ侑だって』

侑「まぁ楽しいええからな」