無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4
 治





あぁ💢もう💢なんやねん!なんでツムのパンを俺が買わなあかんんねん!意味分からんのやけど💢
そんなことを思いつつ屋上への階段を上っていた。

       ーガチャー

治「ツム!もう二度と買わんからな!急にパン買えt...

あなた!!?!!!」


ドアを開けるとそこには青っぽい黒の髪色で整った顔の見知った子が侑と話しとった。
えっなんで?
意味わからんのやけど...
俺、幻覚みとるん?


 『治!久しぶり!』


いや絶対あなたや!


治「あなただ、だよな!なんでココおるん?」

侑「あなたてn…

治「いや!いや!その前にはツムはなんでそんな冷静なん」

ツムが今あなたと会ったばかりやったら冷静やない

侑「俺、あなたと同じクラスやねん」

えっズルっ!
いや、待てよ。ツムと同じクラスってことは...

治「じゃぁ噂の転校生っていうのは...」

侑「あなたなんや」

じゃぁ!これから一緒に学校通えるし、遊べるしってことか!

治「おーっ夢みたいや!あなた!バレーやっとるか!」

 『うん!やってるよ』

治「じゃぁまた一緒にバレーできるやん!」

侑「今日放課後、部室いこか」

 『うん!!!』

     これから楽しくなりそうや