無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

15





ここ1週間ずっとあなたはサーブ練をしとる。でもやっぱりずっと暗い顔しながらやっとる。多分この前の3対3の時言っとった『一人ぼっちに戻ったみたい』て言うのが関係しとるやろうと思う。今日お風呂入ったら侑と1回話し合わなあかん。



治「なぁツム」

侑「なんや?」

治「あなたサーブの時やっぱおかしないか?」

侑「あっそれ俺も思った。サーブする時とかなんか変やよな」

治「そうそう。この前の3対3の時、あなたが『サーブする時一人ぼっちに戻ったみたいで』って言っとったんや」

侑「はぁ?どういうことやそれ」

治「多分やけど小六まではずっと俺らとおったで、一人ぼっちではないはずだから…中学ん時何かあったんやないかなと思う」

侑「確かに」

治「だから今度________」









あなた



はぁ疲れたここ1週間サーブしかやってないんだけど…さすがの僕でもスパイク打ちたい!しかも全然サーブ上達しないんだけど!何?僕の体はサーブ打てない体なの?
はぁ
そんなことを思いながらサーブをやっても上達しない集中してやろう。





 『はぁー疲れた』

侑「最近サーブしかやってへんでなあなたは」

 『うん…そろそろスパイク打ちたい!』

治「しかも全然上達しぃへんでな」

 『そうなんだよ』

治「そんじゃ気分直しに今度、家に泊まっていいかへんか?」

 『おーっ行きたい!行きたい!』

侑「やったーあなたと久しぶりの泊まりや!」

 『確かに、小六以来だね』

治「じゃぁ今度の土曜日で」

 『お母さんとか大丈夫?』

治「あぁその日はいないんや」

 『治にしては準備がいいな、じゃぁその日お邪魔さしてもらうね』

治「おん」
侑「やったー楽しみや!」

久しぶりのお泊まりだな、超楽しみ!

 『あっそういえば夕飯どうするの?』

侑、治「「えっあなたが作って」」

 『えっ僕料理あんまできない』

侑、治「「えっ!」」

え!僕、料理できると思われてたの?僕そんなに料理できないんだけど…

侑「あなた料理できないの?!」

『逆になんでできると思ったのさ!』

治「なんか、できそうなオーラがあるじゃん!」

 『なにそれー!』

料理はどうなるかわからないけど楽しみだ。
その日を楽しみにしてからサーブ練ばっかりだったバレーも少し時間が流れるのが早く感じ、あっという間に土曜日になった。