無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

2
あなた



うわーみんな超見てる...


先「紹介するで、転校してきた秋ずk」

侑「あなたや!!!?!?!!?!!??」

 『エッ、あ、侑!!?!?!!』


そこには金髪のツーブロックの背の高く女子にモテそうなイケメン君、侑が僕を指差していた。
そしてみんなの視線が侑と僕に集まる


侑「あなただよな!いやその髪色、絶対あなたや!」

先「えっ、えっと、とにかく侑、落ち着け」

侑「えっと、あっす、すんません」


僕も侑も先生もみんなも大パニックだ
(ちなみに僕は驚きすぎて声が出ない)


先「と、とにかく転校してきた秋月あなた君だ。仲良くしや。えっとー、席はあー侑の隣だな。今は話をするなよ」


 『えっと、は.はい』


僕は指定された一番後ろの侑の隣の席に座った。









 侑


あー暇や。昨日入学式やら何やらの行事が終わって、今日は普通の行事がある。寝て過ごそか、そんなことを思っとると先生が教室に入ってきて、


先生「今日転校してきた...


エッあなた...えっあなたや。いや絶対、絶対、絶対あなたや。その髪色と髪型、モテそうな整った顔や低い背、そんなことを思っているうちに体が動いて、


侑「あなたや!!!!?!!!?!!」

 『エッ、あ、侑?!!!!!?!!?』

侑「あなただよな!いやその髪色、絶対あなたや!」

先「えっえっと、とにかく侑、落ち着け」

侑「え、あっ す、すんません」

えっでもなんであなたがここにいるん?あなたは岐阜に行ったはずや...そんなこと思っとったら


先「と、とにかく転校してきた秋月あなた君や。仲良くしや。えっとー、席はあー侑の隣だな。話はするなよ」

『えっと、は.はい』

そんなぎこちない返事をするとあなたは隣の席にやってきた。