無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

5
 あなた





あ"〜疲れたぁ。すべての授業が終わり放課後になった。今から部室に向かおうとしているのだが、まだ囲まれている

すると女子に手を握られて

女「ねぇねぇ一緒に校門まで行こうや?」

部活がなければイエスと返事をしているだろうが、今日は部活がある

 『えっとごめん今から入部届出しに行かなきゃいけないんだ』

女「そっかぁじゃあまた明日!」


廊下に出ると侑が待っていて、少し顔をしかめていた

 『え、えーっと』

侑「バレーがなかったらええよーって返事してたやろ」

 『えっあ、うん』

侑「あなたはモテるんやから、あれにもこれにもえっちら、ほっちらついてったら舐められるで」

 『大丈夫だよ。侑が思うほどモテないから。あ!治や!一緒に体育館行こー』


そうして3人で体育館に行くことにした
                 のだが…

 『なぁなぁ治、侑。なんか周りから見られている気がするんだけど』

治「そりゃそうやろ」

侑「俺ら一応学校の中で有名なんやで」

 『えっなんで?』

侑「俺ら去年、2人でコートに立って公式戦でて、活躍したんやで!」

治「そっから宮ツインズって呼ばれるようになったんや」

侑「そいつらの隣に見知らぬイケメン君がおったら、そりゃびっくりするやろ?」

 『だから僕は…』

治「もうついたで」

 『あ…』


すると侑がもうドアを開けていた。
えっちょっと待って、心の準備さして!
2人はさっさか部屋の中に入ってく。
おいおい待ってや。
仕方がない僕も入るか。