無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

14
あなた





今はというと、5、6人に囲まれている。まぁまだ2日目だからな。(3対3の話が長すぎて1週間経ったかのように感じられるけど)すると先生が入ってきて、

先「おーいあなたが困ってるぞ。仲間のことを知るのもいいけど、ちゃんと席につけー」

おぉ先生ナイス!


それから集中して授業を聞いた。ちなみに侑は寝ている。これって起こした方がいいのかな?

 『侑、授業中だよ。がんばって起きよ?』

侑「ん、あ、あなた」

 『今歴史だよー』

侑「分かった、頑張る」

そう言って侑は眠そうな目をゴシゴシこすって、シャーペンを手に取った。



その頃近くの席の子は

何この会話尊すぎん?!?!と思っていました
             (ちなみに僕も





部活にて…


北「今日は各自サーブ練や…」

えっ昨日やるとは言ってたけど、今日?!嫌いなわけではないんだけど…

侑「あなた顔、暗いでw」

 『えっそんなに顔に出てた?』

角「超、出とったで」

 『まじか。』

ほんとにサーブは苦手なんだよなぁ。







   ー良い子は家に帰る時間です…ー

そんな夕方のチャイムが鳴る中、僕は侑と治を校門で待っていた。すると何やら見知った2人がいた。北さんとアラン君だ!

ア「あっあなたや。こんなとこで何しとん?」

 『えっとですね、侑達を待ってるんです。』

北「そうか。早めに帰るんやよ」

 『はい!また明日』

北「また明日」




侑「どうしたらそんなに北さんと仲良くなれるんや?」

 『うわっびっくりした』

治「よう、北さんとあんなにしゃべれるな」

 『なんで?別に北さん普通の人じゃん』

侑「そうやなくて!何か北さんて堅苦しい感じがするやん!」

 『そう?』

治「そうや。あと、怖いし」

 『怒ったら誰でも怖いでしょ』

治「そうやないねん、圧がある圧が」

侑「北さんの後頭部にボールを当ててもうたときは無言の圧を受けたで」

治「ありゃ死ぬかと思った」

 『そうそう少しだけ話変わるけど、北さん校門から出て、同じ方向に帰ってたけど、家近いの?』

治「あーあなたの家に近かった気がする」

 『そうなんだ!知らなかった!』





侑「じゃあな〜また明日」

 『じゃーねー』

いつも通りの挨拶を交わして、僕は家へと足を進めた。それと家の前に人影が見えた。近づいてみるとそれは、お母さんトークをしている母さんと宮兄弟のお母さんだった。

母「あっおかえりー」

宮母「おかえりなさーい」

 『ただいまー』

母「見てこんなに煮物もらっちゃった」

 『あっ美味しそう!ありがとうお母さん。』

宮母「いいんよ、ただのあまり物だし」

 『そういえば侑たちって鍵持ってるんですか?』

宮母「持ってないけどどうして?」

 『いや今、侑の達と一緒に帰ってきたんで鍵閉めてたら今頃困ってるかと』

宮母「あっ確かにあなた君ありがとう。じゃあここでおいとまするね」

母「うんまた来てね!あと今度余り物できたら持ってく」

宮母「ありがとう。じゃあね!」

手を振った後僕は家の中に入った。
今日お母さんが煮物持ってきてくれたし、夕飯は煮物と何かかな?そんなことを考えながら僕は自分の部屋に入った。