無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

13
あなた




 『ふわぁ〜』
そんな情けないあくびをしながら僕は治達の家に向かっていた。なぜかって?それは治達と一緒に学校に…いや侑を起こしに行くためだ。昨日、

侑「明日一緒に学校行こう!」

 『おっいいね!一緒に行こ!』

と言う約束をして一緒に学校に行くことにしたのだが、治に後から聞いた話、侑は朝が弱くて起きれないらしい。そして、

理「侑を一緒に起こしてくれ。」

と頼まれた。そんなに起きれないのかな?心配だったため、今日は少し早めに家を出た。

そんなこんなで家に着いた。


       ーピンポーンー

インターホンを鳴らすと集めたちのお母さんが顔を出した。

母「あなたくん久しぶり!ほんとにこっち来とったんやな」

 『お久しぶりです!』

母「バレーまだやっとるか?」

 『もちろん!』

母「そうか、じゃあまた治達がお世話になるなぁ。あっ昨日、残りもんができたんやった。挨拶も兼ねて今日、持ってくね」

 『ありがとうございます』

母「あっ侑起こしに来たんやろ?上がって」

 『お邪魔します』

そう言って僕は靴を脱いで、お邪魔させてもらった。

治「俺まだ準備できてへんで、先に侑の部屋行って起とってくれ」

 『オッケー!』

そして僕は階段を上り、侑と治の部屋に入った。するとそこには2段ベッドの上に布団にくるまった侑が見えた。
僕はハシゴを上って、

 『おーい、あ!つ!む!朝だよ、起きて』

侑「うーん、サムあと5分」

 『僕、治じゃないあなた』

侑「んー」

それと侑は眠そうな目で僕の顔を見た。すると驚いた顔で

侑「あっ!あなたおはよ!」

 『お、おはよう。どうした?』

侑「そっか!あなたがいるんや!」

 『い、いるけど?』

侑「起きる!」

 『う、うん。起きてくれるならまぁいいや』

そして侑と僕は下の階に一緒に降りた。

治、母「「えっ」」

 『どうしました?』

治「侑がこんなに早く起きるなんて…あなた、何したん」

母「そうや、侑がこんなに早く起きれるわけがない」

侑「俺だってこのくらい早く起きれるわ!」

治「ちょっと黙っとれ」

 『普通に起きてって言ったらなんかびっくりして起きたよ』

侑は少し怒って、お母さんが作った朝食をもぐもぐと食べている。治はカバンに教科書やら何やらを入れている。

治「あぁそういうことか」

母「どういうこと?」

治「侑は寝ぼけてあなたと学校行くのを忘れとったんや。そんで俺が起こしたと思ったらあなたがいてびっくりして、嬉しくて起きたんやろ」

母「あぁそういうことね。あっあなた君、侑準備までに少しかかるやろうし、ゆっくりいけば?」

 『じゃぁお言葉に甘えて、』

そして僕とお母さんと治でバレーの事とかを話した。