無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

6
  あなた





侑、治「おっ角名疲れ」〈主 この挨拶合って
                  る?〉

 『し、失礼します』

そこには侑と治と同級生であろう口調の、少し変わった髪型の人が座っていた。

角「おぉ、入部希望の1年生か?」

『えっいや』

治「あー違う。転校生の2年生や」

角「おー、噂の?」

あーまた1年生と間違えられた(T ^ T)
ていうか噂ってそんなに有名になってる?
僕、有名人だー(棒

角「じゃぁポジション、リベロ?」

 『えっ違…

侑「ブフッw
治「ふっw

 『そこの、2人!笑うなー!』

角「ふふっ、2人と仲いいんやな」

あーもう!はずい!。超〜恥ずい
何してくれるの!2人とも



        ーガチャー
すると突然ドアが開いて、白と黒の印象的な髪色の3年生っぽい人が入ってきた。

?「おい、部室で騒ぐな」

 『あぇ、すっすみません』

うゎっ第一印象最っ悪!

侑「あっ紹介すんでバレー部主将の北さんや」

しかも主将から一言目で怒られたんですけど、

 『えっと、さっきはすみません。入部希望の転校してきた2年、秋月あなたです』

そう言って僕は入部届の紙を差し出した

北「ようこそ、バレー部へ。侑といるって事は強いんか?」

侑 「それが俺らもわからんのですよ」

北「なんで?」

  侑は今まであったことを全て話した

治「でもそこそこ強いと思いますよ」

ちょっと!ハードル上げないでよ!治

北「そうか。ポジションはどこなん?」

 『えっと、変だと思うかもしれませんけど、ミドルブロッカーです』

角「えっミドルブロッカー!?」

北「変やないないよ。うーん…じゃぁ3対3やるか」

侑「えっ!今日ですか?」

北「今日で悪いか?」

侑「あ、いえ」

北「先生やコーチには話しつけとくな。じゃぁチームは…
侑と治とあなた対角名と俺とアランで」
    〈北さんの自分の呼び方合ってる?〉

北「でもその前にあなたのこと紹介してもらわなあかんな。先に4人は体育館で準備しとってくれ」

侑、治、角「はぁーい」
     『はい』






 体育館の道のりにて

侑「あーそや。アラン君は全国3本指に入るで気をつけてな」

 『えっそれ大丈夫なの?!』

侑「まぁどうにかなるやろ!」

角「でも少し戦力傾いとるよな。あなたがどのくらい強いかにもよるけど」

治「まぁこれはあくまでも力調べの3対3やし、大丈夫やない?」

 『まぁそうか』






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも主ことはるです!
初登場の北さんと角名君でーす。


いやー初めて作品にしては見て楽しんでくれている人が多いようでびっくりです!
ありがとうございます😊
これからも頑張ってあげていくので楽しみにしていてください!!