無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1
あなた


  『久しぶりだなぁ』

そうこぼした僕の目には平凡な公園が映ってい
た。それは小学校の頃、毎日のように遊んでいた双子とよく来ていた公園だった。






 『おはよー』

母「おはよう、ご飯できてるからね」


僕は洗面台に行って顔洗い、ダイニングの机に座った。するといつも通りの朝食を母さんが持ってきてくれた。


 『いただきます』


いつも通り朝食を食べ学校の準備をし、慣れない通学路をたどった。


今日は初めて新しい高校に通う...のだが!
とーっても心配だ!いや、ねっだってさ初日で悪い印象付けたくないじゃん!て思ってるうちに校門に着いた...案外近いんだな、

やべえ緊張する...うん、でもここに立ってても余計怪しいし、とにかく入ろう。





エッエッエッ、ちょ、ちょっと待って!なんかなんかなんか見られてる。なんかこっち見てこしょこしょ話されてるし!ああどうしよう...と、とにかく職員室レッツゴー





その頃あなたを見た人たちは...

「ねぇあの子超イケメンじゃない」
「話しかけてみてよ」
「どこのクラスかな」
      などと話されていました。




 『失礼します、転校してきた秋月あなたです』

先「おぉあなた君ね。じゃぁ教室に案内するでついてきてな」


言われたままに僕は先生についていった。
廊下を歩いていると、


先「あなた君は一度、ここに住んどったんよな?」

 『あ、はい一応小学校6年まで...』

先「そっかじゃぁ知り合いとかおるかもな。おっと、ここやで」


やべぇドキドキする。
僕は先生と教室のドアをガラッと開け、教室に入った。