無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

276
2021/07/23

第6話

🕊𓈒 𓂂𓏸
ー星羅sideー

結局...唯月も連れてきた!!
何とかして...唯月が生き返ったって言おう(?)
星羅(せいら)
お母さん...
お母さん
どうしたの?
星羅(せいら)
横に居るとおりね...
お母さん
横...?え...?


...え?
見えて......ない...?

幻...だったの?
唯月(ゆづき)
ニコッ


いや、違う...ちゃんと隣に居る...

私は、不安になって小さく問いかけた
星羅(せいら)
(唯月...居るよね...?)
唯月(ゆづき)
(居るよ?w)
星羅(せいら)
(お母さんが...)
唯月(ゆづき)
(見えてない...ね)


もしかして...私にしか見えない"幽霊"...?
お母さん
どうしたのよ.....
星羅(せいら)
あ、いや
ここで唯月を出したら余計変になるから...
星羅(せいら)
お友達とホテルに泊まって...
星羅(せいら)
ほら!あの世界一デカい遊園地に行こうってなってるの!
星羅(せいら)
いい...かな
お母さん
ええ、いいわよ


お母さん...優しいんだよなぁ
星羅(せいら)
(やったね!!)
唯月(ゆづき)
(ナイスw)
星羅(せいら)
ありがとう...!!
お母さん
楽しんでくるのよ
星羅(せいら)
うん!
お母さん
所で...さっきから1人でボソボソと...どうしたの?

あ...
星羅(せいら)
あ、いや...
唯月(ゆづき)
(独り言って言え)
星羅(せいら)
独り言〜...アハハ...
お母さん
...(怖いわ)


なんか...言われたぁ...
唯月(ゆづき)
(wwwww)

唯月のせいだ...w



よかった...また、こうやって唯月と笑い会えてる。叶わないはずの再会が...叶ったんだもん...