無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
730
2021/07/21

第1話

Prolog

下を見下ろすとまた君が泣いている。







君が零した涙を見る度俺は、胸が痛くなる。








お願いだ。神様







もう逃げたりなんてしない、










今度はちゃんと...








星羅に"好き"だって伝える







だから...











俺にもう一度チャンスをください。