無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

🌸
私は、ジョングクが働いている所に用事がありそこに行った。
あなた
あなた
失礼します
ミン・ユンホ
ミン・ユンホ
あーどうもー
あなた
あなた
(あっ)
あなた
あなた
////////
私の目には、車椅子に座り作業をしているジョングクの姿があった。