無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第51話

🌸
(退院後・ジョングクの家)
ジョングク
ジョングク
母さんありがとう
ジョングク
ジョングク
気をつけて帰って
ジョングク
ジョングク
義父さんにもよろしく。
ジョングク     母
ジョングク     母
ジョングク、何かあれば必ず連絡ちょうだい
ジョングク     母
ジョングク     母
褥瘡作った時も黙ってて今回だって私がたまたま電話してなかったら言わないつもりだったでしょ
ジョングク     母
ジョングク     母
あなたは心配かけさせまいとしてるんだろうけど、そういうことされると私は向こうで安心して暮らせないの。
ジョングク
ジョングク
、、、、、ごめん母さん
仔猫
仔猫
ゴロゴロ
________________________
今日は休日のためショッピングをしているとLINEの着信音が鳴った。
ジョングク 母
空いてたらで良いけど
今からお話しない?
あなた
はい!是非
ジョングク 母
ありがとう。
じゃあ、△△カフェで。
私はすぐさま返信し、言われたカフェに向かった。