無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

🌸
(江の島)
ハユル
ハユル
おー!見えてきたー!
ハユル
ハユル
私たこせんべい食べたいな
テヒョン
テヒョン
何それうまいの
ハユル
ハユル
こう、たこが丸ごと入ったやつ
あなた
あなた
テヒョンくん、ほんと変わったね、、、  
バスケ始めて、、、、、
ジョングク
ジョングク
打ち込めるものができたのと
仲間がいるって分かったからだと思うよ
ジョングク
ジョングク
俺も普段生活してると障害負ってるの自分1人のような気になっちゃう時があるんだけど
ジョングク
ジョングク
あそこにいると安心できるんだ。
あなた
あなた
私もユジュさんとLINE交換したよ
ジョングク
ジョングク
あ、そう。
あの人良い人だよ
ビッグママって感じ。
あなた
あなた
wwwww
そのあと私達はそこら辺で色々な観光をした。
あなた
あなた
食品サンプルかわいい!
ジョングク
ジョングク
かわいい、、、、?
ハユル
ハユル
見て見てたこせんべい!
あなた
あなた
おー!すごいね〜
________________________
テヒョン
テヒョン
あーー、、、、、、
テヒョン
テヒョン
ここから先は無理っすね
あなた
あなた
だね。階段だし
ジョングク
ジョングク
そこの横道に入ってみよっか。
この辺景色良さそう
あなた
あなた
階段さえなければなんとかなるんじゃない?
ハユル
ハユル
じゃあ行こう!
________________________
テヒョン
テヒョン
やべーーー、、、、、、
けっこうな坂になってきた
ジョングク
ジョングク
だね、、、、、、
あなた
あなた
2人とも大丈夫?
ジョングク・テヒョン
ジョングク・テヒョン
大丈夫、、、、、、
はーはーはー
店
やいやいお疲れさん
おい、だれか手伝ってやれー
観光客
手伝いましょうか?
ジョングク
ジョングク
あ、大丈夫です。ありがとうございます
ハユル
ハユル
ありがとうございまーす

そして、私達は何とかして坂道を上り終えた。
あなた
あなた
、、、、、、気持ち良い





そこには、夢のように光を放つ海が見えた。
ジョングク
ジョングク
ほんとは上まで行ければよかったんだけど
あなた
あなた
全然良い
ハユル
ハユル
私も!
テヒョン
テヒョン
俺も十分です
テヒョン
テヒョン
マジで来てよかった
テヒョン
テヒョン
来て良かったな!ハユル
ハユル
ハユル
、、、、、、
テヒョン
テヒョン
うお!
ハユルちゃんは今まで溜め込んできたものがあふれたのか人目を気にせずテヒョンくんを思いっきり抱きしめた。
ハユル
ハユル
うん!超来て良かった!
ハユル
ハユル
あっお土産屋ある!
見てきても良いですか?
ジョングク
ジョングク
あっ行っておいで、、、、、、
ジョングク
ジョングク
お兄さんたちはここで待っとくよ、、
ジョングク
ジョングク
やべえ、これ絶対明日筋肉痛だ
あなた
あなた
私も〜、疲れたね
あなた
あなた
てかすごいね。高校生パワー!
うちらもあんなんだったっけ
ジョングク
ジョングク
ほんと。感化されるよwwwww
ジョングク
ジョングク
、、、、、、
ジョングク
ジョングク
あなた、これ
あなた
あなた
?、、、、、、何?
ジョングクは、縦長のきれいに包装された箱を渡してきた。
ジョングク
ジョングク
一応付き合い始めた記念に
あなた
あなた
うそ、、、、すごくきれい、、、、、
ジョングク
ジョングク
付けてみて
あなた
あなた
どう、、、、、かな?
ジョングク
ジョングク
おー、良いじゃん良いじゃん
似合うと思った
ジョングク
ジョングク
まー高いもんじゃないけど誕生日なんかはもっとちゃんとしたもの贈るからさ
ジョングク
ジョングク
そういやあなたって誕生日いつ、、、、、
私は、涙がこぼれてしまった。
あなた
あなた
、、、、、私、、、、、、
あなた
あなた
ほんとはちょっと不安で
あなた
あなた
ジョングク優しいからもしかしたら私のこと突き放せなくて、無理して付き合うこと決めたんじゃないかなって
あなた
あなた
、、、、ちょっと不安だったんだ、、、、
あなた
あなた
!
ジョングクは、私に唇を重ねてきた。
あなた
あなた
////
ジョングク
ジョングク
////
あなた
あなた
ジョングク、彼女にしてくれてありがとう
ジョングク
ジョングク
、、、、、、
ジョングク
ジョングク
ニコッ



あなたの彼女になれて良かった







一緒にこの場所に来れて




良かった________________