無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第57話

🌸
あなたversion

(体育館)


今日も体育館にはバスケットボールの弾む音が響いている。
ハユル
ハユル
あなたさーん!
あなた
あなた
わーハユルちゃん!!
元気だった?
ハユル
ハユル
はい!お久しぶりです!
あなた
あなた
テヒョンくんすごいね!
どんどん試合出てるって?
ハユル
ハユル
そうなんです。
超頑張ってますよ!
ハユル
ハユル
あなたさん今年のバスケの忘年会来ますか?
ジョングクさんと
あなた
あなた
あ、うん、、、、そのつもり
ハユル
ハユル
やっぱり
最初からそうじゃないかなと思ってたんだあ
あなた
あなた
////


あの夜、




私達は付き合うことを決めた。




会社のみんなには秘密だけどジョングクのお母さんだけには連絡した。

「おめでとう」「ありがとう」って涙声で言ってくれた。
ハユル
ハユル
あーそうだ。あなたさん連絡先教えて!
あなた
あなた
あ、うん。そーだね




私達は、






    一歩を踏み出したんだ。