無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

🌸
ジョングクversion


(夜)
ズキン



     ズキン




ジョングク
ジョングク
クソ、、、、、、
ジョングク
ジョングク
(この痛み一生つきまとうんだろーな)
(一生、、、、、、、、、)
📱ブーーブーーブーーブーーーー
ジョングク
ジョングク
あなた?
あなた
あなた
📱、、、、、もしもし
あなた
あなた
📱あ、、、、寝てた?
ジョングク
ジョングク
あ、まだだけど、、どうしたの?
あなた
あなた
📱ただ電話しただけ
ジョングク
ジョングク
、、、あ、、、そう
あなた
あなた
📱ごめんねジョングク
ジョングク
ジョングク
何が
あなた
あなた
📱テヒョン君に、ジョングクの経験話してみればとか言ったりして
ジョングク
ジョングク
え?それの何がごめん?
あなた
あなた
📱無神経だったかなって。
 私、障害受容のこと知らなくて
ジョングク
ジョングク
あー何だそんなことか
ジョングク
ジョングク
無神経でも何でもないし、つーか普通知らねーから。そんなの。
あなた
あなた
📱うん。知らなかったの、だからね
あなた
あなた
📱もっとジョングクのこと教えてほしい。
あなた
あなた
📱ジョングクのことが知りたい。
ジョングク
ジョングク
、、、、、、、、、
ジョングク
ジョングク
突然何言い出すかと思ったらww
お前ほんと変なやつwww
あなた
あなた
📱い、いいじゃん!!別に!
ジョングク
ジョングク
wwwww






この夜、薬は飲まなかった。


そして初めて気がついた。

幻肢痛は本当に不思議な症状で、



1人でいるといつも痛みが増していくのに




誰かがそばにいるだけで

なぜだろう



その痛みは


やわらいでいくんだと