無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第65話

🌸
2日後、私達は年越しのため帰省した。
あなた
あなた
夏の同窓会以降だね。こうやって帰るの
ジョングク
ジョングク
まさか俺たち付き合うことになるとは
あの時は、普通に会話してたってけっこう緊張してた。


同じ運転席に座ってる彼


気持ちは全然違う、、、、、、、、、
あなた
あなた
ジョングク、まだあの夢見る?
ジョングク
ジョングク
心配かけてごめんな。
もう大丈夫だから
あなた
あなた
私、嬉しかったよ。
ジョングクが正直に伝えてくれて
あなた
あなた
これからも何かあったら言ってね
あなた
あなた
私には分かんないこといっぱいあるし
あなた
あなた
知ることで大変だと思うこともあると思うけど安心することもあるから
ジョングク
ジョングク
、、、、、、、、、そっか
俺は幸せものだな
ジョングク
ジョングク
分かちあってくれる人がいるのはすごく嬉しい
ジョングク
ジョングク
ありがとうニコッ
あなた
あなた
////
あなた
あなた
なんかいーね!!
2人だったらなんでもできる気がする!
ジョングク
ジョングク
そう?( ̄▽ ̄)
あなた
あなた
そういえばケンゾーは?🐈
ジョングク
ジョングク
ヘルパーさんに頼んできた。
猫好きだから預かってくれるって。
あなた
あなた
良かった。良い人だね。
ヘルパーさんて女性だよね、いくつぐらいの人?
ジョングク
ジョングク
えーと、5歳上だったかな
あなた
あなた
、、、、、ヘーーー、、、、
あなた
あなた
(意外と若いんだな、、、、、、)
あなた
あなた
どんな人?
ジョングク
ジョングク
もともとリハセンで看護師してた人で、その頃からの付き合い。
ジョングク
ジョングク
ずっと励ましてくれて、リハビリ後も面倒見てくれて、恩人みたいな人だよ。
あなた
あなた
、、、そ、そんな人がいたんだね、、、
ジョングク
ジョングク
結婚してるよ?その人
あなた
あなた
ほーー、、、(´-ω-`)
ジョングク
ジョングク
(こいつ本当に考えてることそのまんま顔に出るよな、、、)
________________________
ジョングク
ジョングク
この辺でいいのか?
あなた
あなた
うん、うちすぐそこだから。
送ってくれてありがとう。
私は車から降りた。
あなた
あなた
じゃあまた初詣で
ジョングク
ジョングク
ん、また連絡する
姪っ子
姪っ子
おじーちゃん!!
あなたちゃん来たーーー!!
♪───O(≧∇≦)O────♪
あなた   父親
あなた   父親
、、、、、、、、、あなた?
あなた
あなた
あっお父さん!
ジョングク
ジョングク
!
あなた
あなた
ただいまっ
あなた   父親
あなた   父親
お帰り、、、、、、、、、
あなた
あなた
あの、彼、チョンさん。
送ってもらったの
ジョングク
ジョングク
初めまして。チョンといいます。
ジョングク
ジョングク
あなたさんにはいつもお世話になってます
あなた   父親
あなた   父親
ああ、、、こちらこそ娘がお世話になってるね
あなた
あなた
(緊張する、、、、、、)
ジョングク
ジョングク
じゃあ僕は失礼します。
またなあなた
あなた
あなた
うん。気をつけて

ジョングクは車を走らせ、すぐに見えなくなって行った。
あなた   父親
あなた   父親
今の人東京から来たのか?
あなた
あなた
うん。高校の同級生なの
あなた   父親
あなた   父親
そうか
姪っ子
姪っ子
寒いよ〜〜
ねぇ早くおうち入ろう!
あなた
あなた
そうだね!