無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

🌸
しばらく時間がたった。
ジョングク
ジョングク
じゃあ、俺帰りますわ
ミン・ユンホ
ミン・ユンホ
1人で大丈夫か?
ジョングク
ジョングク
平気だよ。飲んでないし。
ジョングク
ジョングク
ニコッ
じゃあなあなた、また
あなた
あなた
////////あ、うん、、、
帰っちゃうんだ、、、
あなた
あなた
(うん?)
私は、彼が手で足を引きずりながら進んでいく様子が気になった。
ジョングク
ジョングク
すみません持ってきてもらえますか
店員
はい

ガシャ
あなた
あなた
え________________
ミン・ユンホ
ミン・ユンホ
キム?もしかして知らなかった?
ミン・ユンホ
ミン・ユンホ
チョン、大学生の時に事故にあったらしくて窓拭き設計に来た時は最初から車椅子だった。
ミン・ユンホ
ミン・ユンホ
歩けないんだ


________________車椅子






ジョングクが、







歩けない