無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

🌸
日曜日。
私とハユルちゃんはみんなが練習している体育館で、テヒョン君が来るのを待っていた。
ハユル
ハユル
テヒョンのこと連れ出してくれるなんて!
ハユル
ハユル
ジョングクさんちょ〜いい人!!
あなた
あなた
いや、でも来るか分からないって言ってたよ?
ハユル
ハユル
来ますよ
ハユル
ハユル
私、子供の頃からずっと好きで、でもあいつバスケ一筋でちっとも相手にされなくて。
高校入ってやっと付き合ってもらったの。
ハユル
ハユル
あのバスケ好きが来ないわけないです。
ハユル・あなた
!!
テヒョン
テヒョン
言っとくけどやるって決めたわけじゃないから!!
ジョングク
ジョングク
分かってるよ。お試し体験ってことでね!
ジョングクがテヒョン君を連れてきたみたいだ。
ジョングク
ジョングク
気合入れろよーーーーーーーーっ
仲間
おーーーー!!!
テヒョン
テヒョン
(・Д・)
仲間
ジョングクが言ってた台南の子か?
仲間
よく来たね
テヒョン
テヒョン
は、、、、、はあ
テヒョン
テヒョン
(ふーん、、みんな結構うまいじゃん。
 車椅子でも)
ジョングク
ジョングク
テヒョン君こっち
ジョングク
ジョングク
軽くシュートしてみるか。ほら
🏀パシッ
テヒョン君は、渡されたバスケットボールを輝いた目で見つめている。
テヒョン
テヒョン
よっとッ
テヒョン
テヒョン
ほらッ(2回目)
テヒョン
テヒョン
入れよ。よっとッ(3回目)
テヒョン
テヒョン
、、、、、、、、、
テヒョン
テヒョン
入れ!!(11回目)
テヒョン
テヒョン
はっ、はっ、は、、、、、、、、、
テヒョン
テヒョン
(ゴール高え!!)
テヒョン
テヒョン
(全然入らねぇ、、、、)

はぁ
ジョングク
ジョングク
初日なんだ。入らなくて当たり前だから。
テヒョン
テヒョン
当たり前じゃねーよ!!
こんな距離で外すなんて!!
テヒョン
テヒョン
ちくしょう、、、!!
ジョングク
ジョングク
、、、、、、、、、ニコッ
ジョングク
ジョングク
分かってると思うけど、健常者がただ車椅子に乗ってプレイしてるのとは違うんだ。
ジョングク
ジョングク
ぐらつかないように意識して、ヒザで打てない分ヒジを最大限使うこと。
ジョングク
ジョングク
狙いは昔の感覚よりずっと上の方に。
テヒョンくらい腕力があればじき慣れる。
ジョングク
ジョングク
ほら!
テヒョン
テヒョン
🏀ガンッ
ジョングク
ジョングク
もっと上!
テヒョン
テヒョン
🏀ガンッ
テヒョン
テヒョン
(ああ、すげえ久しぶり。)
テヒョン
テヒョン
(ゴールは高いし身体はグラつくし、
 だけどこの感触)
テヒョン
テヒョン
(1日でも触らない日はなかった__)
テヒョン
テヒョン
🏀パスッ
仲間
すげえ!!
あっという間に決めやがった!!
仲間
さすが台南のエースだな!!
ハユル
ハユル
ヤッターー!!!!!テヒョンーーー!!
テヒョン
テヒョン
ホッ
仲間
強力な人材が入ったなーー
仲間
次回から一緒に練習入ってよ。
今日からでもいいけど、、、、、、
テヒョン
テヒョン
、、、、、、い、、、、いえ
テヒョン
テヒョン
俺、入るわけじゃないんで、、、、、
ハユル・あなた
?