無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

🌸
あなたversion
仲間
行け!ジョングク
あなた
あなた
おーー!
仲間
ナイスゴール!
今日は、彼がやっている車椅子バスケの練習を見に来ている。
あなた
あなた
、、、、


高校の時、ジョングクはバスケ部だった。

_____高3の時、バスケ部が初の県ベスト4に進んで学校中盛り上がった。


試合は大敗だったけど、ジョングクは最後までゴールに向かい続けてた。





障害を負っても建築士になれたのは




あのジョングクだからだろうな、、、、










(休憩中)
ジョングク
ジョングク
バリアフリーのリフォーム?
あなた
あなた
うん。
あなた
あなた
うちのお得意さんの知り合いらしいんだけど、高校生の息子さんが車椅子になっちゃったんだって。事故で。
ジョングク
ジョングク
へぇ、、、、、、、
あなた
あなた
それで自宅をリフォームしなきゃ行けなくて、良い建築士がいないか相談が来たの。
あなた
あなた
それでジョングクに頼めないかって話になって、きっと色々分かってくれると思うから。
ジョングク
ジョングク
全然良いよ。会社の了承がとれれば。
あなた
あなた
ほんと?ありがとう!
あなた
あなた
、、、、
あなた
あなた
これから少し空いてたらご飯行かない?
ジョングク
ジョングク
ふぅ
あなた
あなた
疲れた?
ジョングク
ジョングク
、、、、いや最近眠れなくて、、、、
ジョングク
ジョングク
ごめん今日は帰るわ
あなた
あなた
ううん。ううん。全然!!
ジョングク
ジョングク
今の話またメールちょうだい
あなた
あなた
うん



(スーパー)
あなた
あなた
(あーあ、そういえばジョングクってご飯どうしてるんだろう、、)
あなた
あなた
(お弁当で済ませてそうだな、、、、)
あなた
あなた
(作ってあげたい、、、、、、、、、、なんて言ったら確実に引かれる、、)
老夫婦
もー、またビール?
老夫婦
良いじゃないか週末だろ
老夫婦
wwwww

車椅子の夫さんととても幸せそうに笑っている老夫婦が目に入った。
あなた
あなた
、、、、、

良いな、、、、、、、、、

どうしたらあんな風になれるんだろう





車椅子の人と付き合う。


それがどういうことか前より分かってきたつもりだ。



でも私に、ジョングクのケアが出来るのかな、、、


ジョングクにいまいち遠慮してしまうのは、


自分に自信が持てないからかもしれない___