無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

🌸
病室でコンペを手伝ってから、私達はよく出掛けるようになった。
ジョングク
ジョングク
よくチケット取れたな
ジョングク
ジョングク
人気のやつなんだろ?
あなた
あなた
すごいでしょ。
ジョングク
ジョングク
ちょっと待て、

アクションホラー、、、、?
あなた
あなた
そう!面白いんだって
ジョングク
ジョングク
あ、ハハハハハ( ̄∇ ̄)
あなた
あなた
あ!てかスロープのやつ進んでる?
ジョングク
ジョングク
ん、、、まあぼちぼち
あなた
あなた
そっか
ジョングク
ジョングク
このエレベーター乗ろう。
あなた
あなた
すみませーん。

少し開けてください。
子供
ママ、あの人どうしたの〜?
母親
コラやめなさい!
あなた
あなた
ッ、、、
周りの目線が痛い。

(映画館)
映画
ぎゃー‼︎
映画
ブシュッ、
映画
グハァァァァァ
ジョングク
ジョングク
ワー( ̄▽ ̄)

ジョングクと一緒にいるようになって気がついたのは、障がい者に向けられる無遠慮な視線や態度。





ジョングクと会う前の私も同じだったのかもしれない。


彼の負担はどれほどのものだろう。


彼はいつも戦ってるように見える。



強い人なんだろうな。