無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

🌸
高校生の頃、ジョングクはよく図書室に来ては私には理解不能な本ばかり借りてった。
ジョングク
ジョングク
これ

購入リクエスト出しといて
あなた
あなた
ダメでしょ!
あんた先週も出したじゃん
ジョングク
ジョングク
なんだケチ臭えな
ジョングク
ジョングク
じゃあお前の名前で出しとけよ
あなた
あなた
えっ、やだよ
ジョングク
ジョングク
後これ借りるわ
ジョングク
ジョングク
お前早くしろよー
ジョングク
ジョングク
部活遅れちゃうじゃん
あなた
あなた
知らねえよ
あなた
あなた
(建設の多様性と都市論?こんなん誰が借りるんや)




彼は、建築士

私は、イラストレーターになるのが夢で

クラスも部活を全然違ったけどよく話していた。



山に囲まれた地方都市の高校生で私たちは伸び伸びと過ごした。