無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

🌸
ジョングク
ジョングク
障害受容しろって言われても困る。
ジョングク
ジョングク
受け入れたからって楽になるわけじゃないし、

好きで車椅子に乗ってるわけじゃない。

歩けるもんなら歩きたいんだ。
ジョングク
ジョングク
障害を負ったからこそ学べたことは山ほどあるよ。
でもだからと言って、障害者で良かったなんて思ったことは一回もない。
ジョングク
ジョングク
出来ることなら、障害のない人生が送りたかった。
ジョングク
ジョングク
そう思う
俺は、弱い人間だから。
ジョングク、、、、、、

自分の障害のことそんな風に思ってたんだ、、、、
ジョングク
ジョングク
なあ、テヒョン君
ジョングク
ジョングク
障害を受け入れることは素晴らしいことだ。

ただ、受け入れないまま生きることも出来るんじゃないかと思っている。
ジョングク
ジョングク
俺、今日君とバスケできてすげえ楽しかったよ
ジョングク
ジョングク
君は?
テヒョン
テヒョン
、、、、、、楽しかった。
事故にあってからこんなに楽しかったの初めてだ。
ジョングク
ジョングク
歩けない人生は辛いけど何か一つ楽しいことがあれば、生きてけんじゃないかな。
ハユル
ハユル
今日カッコ良かった、テヒョン。

バスケしてる時が1番好き。
ハユル
ハユル
大好き________
そう言ってハユルちゃんはテヒョン君のことをギュッと抱きしめた。