無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

俺のものになればいいのに…
涼介said

なんであいつを見れば悲しい顔をするのか分かった。

何か無性に腹立った!

でもあなたを安心させたくて…
側にいて欲しくて…

気がついたら、抱きしめていた。



このまま、俺のものになればいいのに…