無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

お別れ
私は、裕翔の教室に行った。
裕翔がいた。
でも、前みたいにモヤモヤした感じにならなかった。




私、以外と冷めるの早いかも⁉︎
深呼吸をして…
白石(なまえ)
白石あなた
裕翔、ちょっといいかな?
中島裕翔
中島裕翔
なに?
久しぶりだ。
かれこれ2週間はまともに喋っていない。






屋上で
中島裕翔
中島裕翔
どーした?
白石(なまえ)
白石あなた
今日は、言いたいことがあって呼び出したの。
中島裕翔
中島裕翔
なに?
白石(なまえ)
白石あなた
ごめんなさい。
私とは、別れてください。
中島裕翔
中島裕翔
なんで?
白石(なまえ)
白石あなた
他に好きな人ができたの。
中島裕翔
中島裕翔
え。
白石(なまえ)
白石あなた
うん。でも、裕翔も違う人が好きなんでしょ?
中島裕翔
中島裕翔
なんで?
白石(なまえ)
白石あなた
美桜ちゃん。
中島裕翔
中島裕翔
なんで?
白石(なまえ)
白石あなた
裕翔を見てると思うの。
美桜ちゃんといたほうが楽しそうだし…、お似合いだよ!
中島裕翔
中島裕翔
白石(なまえ)
白石あなた
私も切りつけたくて。
中島裕翔
中島裕翔
そうか。
白石(なまえ)
白石あなた
うん。
中島裕翔
中島裕翔
白石(なまえ)
白石あなた
まぁ、そういうことだから。
付き合ってくれて、ありがとう。
大好きだったよ。
そう言って、屋上から去った。
何か、気持ちが楽になった気がした。