無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第91話

88.
あれから数時間、、、





『ジュン、、そろそろ起きろ』








『おいっ…(バシバシ)』





🐱『…!?』

『あれ!ここ何処!!!』←




『楽屋だwとりあえず寝ずきだお前』



🐱『ぉぉお、、すみませんヒョン…w』

『起こしたって事は、準備ってこですよね…?』




『そうだな?あとジョンハンが心配してたぞ』




🐱『…忘れてた、電話しないとッ』






(📞^o^)トゥルルルルル…あ、ヒョンすみません…寝てテ…ハィ…あ、ソレハッ…







🐱『…怒られました(( ´・ω・`))』




『ぶはwまぁお前が悪いなw』



🐱『もぅ僕のバカー』




○『ジュンさんそろそろ着替えてもらってていいですかー』

『着替えたらメイク室にー』







┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

昼頃








🐸『ヒョンそこまでしなくてもw』


👼『あの子が悪いからね?w』


『大好きな猫グッズとゲーム捨てるなんてことはしないけどね?w』


🐶『ヒョン、また人いじいじしてるんですか?w』


🐸『ミンギュそれは違うww』





┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈











🐴『…んん、、朝?』

🍊『んんんんー!!』←のびのーび

🦊『朝じゃなくて昼だな』

🐰『2人起きるの遅いよ?』

🍒『いや、2人もさっき起きただろw』

🇺🇸『そういうヒョンだって数分前…』


🍚『皆ほぼ昼だな起きたの』




🐸👼🐶『みんな起きるの遅い』



🍊🐴🍚🍒🐰🦊🇺🇸『すんません…』