無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第76話

73.
僕は監禁されている





窓ひとつ無い空間に







そして








隣にはホシヒョン










もう息はしてない










僕が寝ている間に、、いや眠らされてる間に








🦖『ホシヒョン…ごめんなさい…』








┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈










🐱🦊『ただいまー』





🍚『あ、おかえり』

『ミンギュがご飯作ってくれてるから』



🐱『うん、ありがとう』


🦊『ウジ、後で部屋いく』



🍚『いや、俺も一緒に食べるからそこでいいよ』










┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈










🍊『ゲホッゲホッ』

🐸『あれ、スングァン風邪?』

🍊『なんか喉が…』

🍕『おーぅ、それは大変』

🐰『どうした?…風邪?』

🍊『ゲホッ…そうみたいです…ゲホッ』

🍕『明日は休みな?』

🍊『…いえ、行きますッただでさえ人がどんどん減ってるのにッ』

🐰『…無理しないでね、辛かったら言うんだよ』

🍊『ッ分かりました』

🐸『じゃあとりあえず今日は僕の部屋においで』

🍕『ハオの部屋は、何でもあるからね‪w』

🐸『うるさいお前の口を塞ぐものもあるけど?‪くる?‪w』

🍕『いや、いいっす行かないです(((』


🐸『そっかつまんないな‪w(ガムテープだけどね)』