無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

34
スンチョルside






ようやくデビューした俺ら










凄く嬉しかった皆大号泣









ただその喜びもつかの間








それは突然だった








📱




🍒『え!?…はい、分かりました』
『あなたは…そうですか』









.




👼『どうしたの?』


🍒『あ、いや社長が亡くなったって…』


👼『え、うそ…』
🍚『は?』
🐹『嘘だッ』








🍒『あとあなたは辞めたらしい』








🦊『やめた…?なんで』



🍒『それは知らないが』






🦖『社長は、なんで?』








🍒『どう亡くなったのか分からないらしい…』



















社長が亡くなったって電話がきた

いや亡くなってたそう
















そして
あなたは辞めたって

辞める理由は?


















🍒『明日、みんなで行こう社長に会いに…』