無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

0人目

ー次の日




ブーブー📱








🍒『おはようございます、どうしました?』



🕷『おはようございます、そちらに社長行ってないですか?』



🍒『社長ですか?来てないですよ』



🕷『そうですか、ありがとうございます』



🍒『どうしたんですか?』



🕷『ここ数日社長の姿見えなくて…もしかしてと思いまして…汗』




🍒『出張とかじゃないんですか?何も言わず行くじゃなですか』



🕷『いえ、出張ら明日からなんです』



🍒『あぁそうなんですね、とりあえずこっちには来てないです』


🕷『すみませんお手数お掛けしました』



🍒『こっちからも連絡してみるので繋がったら連絡します』



🕷『あ、お願いします、それでは』








ツーツーツー








🍒『社長に連絡してみるか』


📱『おかけになった電話番号は…』



🍒『んーでないまた後でかけるか』












┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈












ブーブー📱



🐹『んお!?』





ブーブー📱『あなた』



🐹『あなただ』



え、でも部屋にいるんだよな…?


なぜ電話?




🐹『とりあえずでるか』




🐹『おはようあなたー』


🥀『あ、オッパ昨日居なくてすみません!』


🥀『貧血で病院行ったらそのままッ』


🐹『そうだったのか、じゃあこの電話は迎えきて欲しい電話?w』


🥀『ご名答‪ッお願いしますー』




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈








🐹『あなた迎えに行ってきますねヒョン』


👼『ん、気をつけ…あれ、へやにいるんじゃなかって、もう居ないし』

👼『はや』