無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

42


『いらっしゃいませ空いてる席にお座りください』




🐹『…あ、あの角にしようッ』

🍚『珍しいね‪、どうした‪w』

🐹『いや、話したいことあるからさ?』

🍚『お?』

🐹『もーこの話は誰にも聞い欲しくないの〜』

🍚『すまんすまん‪w』






店の角の席へ









『お水でごさいます、メニューお決まりでしたらお声かけてください』





🐹『俺はキャラメルマキアートとシフォンケーキにしよかな』

🍚『んー、俺はコーラでいいや』

🐹『ウジ、メニューの1番後ろ見てみなよ』

🍚『?…なにこれ美味しそう』

🐹『決まりだね‪wすみませーん』



『はーい』


🐹『えーとコレとコレと_______』






┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈







リビング





🍒『ハニッ』



👼『へ?どうした』


🍒『今すぐ部屋に来て欲しいんだけどッ』


👼『え〜今テレビいいとこ〜』

🍒『じゃあここで言うわ‪』

👼『そんな大事なこと〜?』

🍒『もちろんあの手紙覚えてる?』

👼『…あぁ1人目みたいなやつ?』

🍒『そう、その、最初に来た方に写真入ってたんだよ高校の』

👼『高校……あ、、、え、スンチョルそれかなりヤバいんじゃ…』

👼『復讐ってことだよね?僕達何もしてないけど』

🍒『そう、でも手紙には助けないのも同罪って__』




バンッ





🍒👼『うわぁ!?』