無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

47


🦊『おかえり2人遅かったね』

🍚『あぁすまんホシがカフェに行こうって言うから行ってたんだ』

🦖『連絡してくださいよ〜』

🍚『ごめんって』

🐹『…なんであんなキツ〜く抱きしめたの?』

🦊『ウジ、』

🍚『話したのか?』

🐱『話したし、新たに情報も得たよ』

🐹『…あっさっき話したこと?』

🍚『そう、とりあえず他の奴ら来るまで』









🍚『整理をしようか』






┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈






🍊『ココですよッ』



『…ありがとうございますッ』


🍊『いえいえ!では!』


『ほんとにありがとうございますッ』









┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈








『お疲れ様、気をつけて帰れよー』


🐶🐸🐴🇺🇸『お疲れ様でしたー』



🐸『さて、今日は俺らで帰らないとだから』

🐴『ミンギュ、買い物するの?』

🐶『うん、ご飯作らないとでしょ?』

🇺🇸『早く買って帰りましょう』

🐸『マネヒョンに車置いてって貰ったから俺運転するね』





┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈













🍚『…こんな感じか?』


🐱『ウンウン』


🦊『俺らは高校の時から書いてある日記に』

🍒『0人目、1人目そして写真の入った手紙』

🐹『で、、俺に届いたメール』

🍚『対して内容は変わらんと』

🦖『進展がないだけで、、なくていんですけどね?』

👼『他の子は大丈夫だよね?』

🍚『まぁ今のとこはじゃないですか?』

🍚『あいつらの誰かが何かしら知ればまた話しは変わってきますよ』

🐱『この前あなたの部屋入ろうとしてたからねドキドキしたよ僕』

🦊『それな、被害は最低限にしないと』

🍒『あいつらが探りをしないようにしないとだな』






🦖『僕は普通に部屋に入っちゃった民です、アハハ』