無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

32




🍒『ハニ、1人で帰って来れるかな?』

🐰『んー、ちょっと心配だよね可愛いから←』

🍒『物騒なんでしょ?危なくない?』

🐰『帰る時に電話してもらえば?』
『とりあえず服着替えたいし帰ろうよ』


🍒『そうだな』






┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈







🐸『ちょっとヒョンさすがに太るよ!?』

🐹『だってお腹すいたんだもんっ』

🐶『ミンハオが食べなさすぎなだけ‪w』

🐴『そうそういっぱい食べないと明日も持たないよ?』


🐸『はぁ、ほんとそんなんじゃかっこいい虎になれないですよ?』

🐹『!?…それはダメだ!』


🐸🐴🐶『‪w‪w‪w‪w』







┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈








コンコン




👼『社長、いますか?』



👼『あ、社長』



『おうどうした』


👼『いや、連絡したんですけど見てないですか?』


『…すまん見てなかった』


👼『もぅ、今日あなたが部屋にいなかったんです知りませんか?』


『……いや、知らんなぁ』


👼『んーそうですか、分かりましたありがとうございます帰りまーす』


『ん、後ろに気をつけて帰るんだぞ』

👼『?…分かりました〜』







┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈











👼『あれ、スンチョルからカトクきてる』



📱 『ヨボセヨー帰りますよー』
『…社長?いたよずっと背中むけてたけど』
『あなた?いや、知らないって』